【DQ10とFF14の比較】 戦士

今回の比べネタは戦士です。

最初は他の職と比べてすばやさが低く、HPは高いくらいに思っていたのですが・・・。

かなり重要な職業ですね、これ。

FF14にも同じ戦士というジョブが存在するのでそれと比べてみます。

スポンサーリンク

比較 戦士

DQ10の戦士は今までのドラクエシリーズと比べて、かなり立ち回りが大変みたいですね。

・特技によって敵の攻撃を止める

・HPの低いジョブへの敵の攻撃を食い止める

・すばやさが低いので攻撃のタイミングに気を付ける

こうして見てみると意外とFF14の戦士と似ていたんだなあと思います。

FF14は戦士・・・というかタンクは上記のような役目を持つからです。

・敵の強力な攻撃が来そうな時はスタン技でキャンセルさせる

・敵を自分の方に向けて、パーティに攻撃がいかないようにする

・高い防御力と高いHPで敵の攻撃を耐える

似てますね。

では、FF14の戦士の特徴をまとめてみます。

FF14の戦士はどちらかというと攻撃よりのジョブですね。

下手をするとDPSより火力が出てしまうこともあります。

特にバーサクからのフェルクリーヴはかなりの威力が出ます。

ただ、これをうまく使いこなすには2つのスタンスを使い分ける必要があります。

防御力の高いディフェンダー状態と攻撃力が上がるデストロイヤー状態があるので、状況に応じてこのスタンスを切り返えなくてはいけません。

そのため、タンクの中では操作が難しい方になります。

ただ、この攻撃力は魅力的なので、人気のあるジョブとなっています。

ちなみにDQ10の戦士は複数の武器を装備できますが、FF14の戦士は斧だけです。

盾も装備しません。

己の肉体を酷使するイメージなので、斧のジョブクエスト担当種族はルガティン(DQ10のオーガみたいな一番体格の大きな種族)となっています。

なんだかんだで似ている点が多いですね。

まとめ

DQ10の戦士は敵の前に立って攻撃を受けたり、攻撃を防いだりする

FF14の戦士も同じだが、どちらかと言えば攻撃よりになっている

あと、一部ではゴージと呼ばれています(詳しくは略)

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします