【DQ10とFF14の比較】 金策

今回の比べネタは金策です。

やっぱりギルもゴールドもあればあるだけ便利なんですよね。

どちらのゲームも様々な金策ネタが存在します。

ではDQ10から。

スポンサーリンク

比較 金策

DQ10の金策を調べてみたのですが、基本は素材集めや装備品を売るなどがメインみたいですね。

フィールドに落ちているアイテムを拾ったり、モンスターからドロップする素材を売ったりします。

特にモンスタードロップが金策になるというのがFF14プレイヤーにとってはなかなか興味深いんですよね。

他の記事でも書いたのですが、FF14はモンスターからドロップするアイテムはあまり金策になりません。

クラフターの素材になるのでもちろん稼げることは稼げるのですが、1個何千ギルになるみたいなことはまずありえません。

FF14は素材がけっこう入手しやすいんですよね。

ギャザラーも無制限にアイテムを採取できますし。

ただ、リアル時間の30分に1回しか出現しない未知の採集場所から採れるものはちょっと高くなります。

それから金策と言えばやはり職人ですね。

強力な☆3装備は高値で売れるみたいなので、この辺りはFF14も同じです。

FF14だと新式装備というものが該当します。

新式装備というのは簡単に言うと高難易度コンテンツ(大迷宮バハムートとか機工城アレキサンダーとか)が実装されるのと同じタイミングで追加されるクラフト製装備のことです。

これはそのパッチごとに追加されるので、毎回装備の内容は違うのですが、どのタイミングであっても最新の装備を新式装備と言う流れになっています。

この装備はマテリアを使って限界まで強化できるので、高難易度コンテンツを早期にクリアしたいプレイヤーがどうしても欲しい装備なんですよね。

そのため、この装備だけは数十万ギルでどんどん売れていきます。

クラフターが稼ぐなら間違いなくこれ、というアイテムとなっています。

その分、製作難易度も高いのですが・・・。

だいたい比較するとこんな感じですね。

あとはFF14には金策に特化したアクアポリスというコンテンツがあります。

奥に進めばどんどんギルが入手でき、マテリアや素材やおしゃれ装備なども入手できる、とても稼げるコンテンツとなっています。

FF14はクラフター勢が稼げるやり方はたくさんあったのですが、アクアポリスによって戦闘勢も稼げるようになったという感じです。

まとめ

DQ10は素材集めでしっかり稼げる

FF14は素材集めよりかはクラフトやアクアポリスの方が稼げる

ちなみにFF14はどちらかというとギルの必要性があまりなくて、ハウジング購入のために稼いでいるプレイヤーが多いと思います

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします