【DQ10とFF14の比較】 レベリングの手段

今回の比べネタはレベリングです。

MMOではかなり重要な要素ですね。

ただ、最近のMMOはレベルを上げやすくなっているので、昔のようなキツさはなくなっています。

それでもどういったやり方でレベリングするかというのは、けっこう大事な話なのでそれを比較してみます。

スポンサーリンク

比較 レベリング

DQ10のレベリングはいろいろありますね。

討伐クエストに、まだ体験したことはないのですがメタル迷宮や試練の門などがあります。

特にFF14と大きく違うのが、モンスター狩りがレベリングの手段になっていること。

ロールプレイングのレベリングってモンスターを倒すことじゃないのと思われる方もいるかもしれませんが、FF14は基本的にモンスター討伐の経験値はほとんどレベリングになりません。

大量に経験値をもらえる狩場はないですし、はぐれメタルのようなレアモンスターも出現しません。

じゃあ、FF14はどうやってレベリングをしているのか。

なんだか言って、けっこう豊富にあります。

まずは、ルーレットです。

FF14はパーティでクリアしていくコンテンツが非常に多いので、なるべくコンテンツへの参加者を増やしたいんですよね。

そこでダンジョンルーレットやギルドオーダー(模範演習みたいなもの)ルーレットを用意し、これを使って参加するとよりたくさんの経験値がもらえるようにしています。

1日に1回しか使えませんが、レベリングの手段としてはかなり有効ですね。

それから、DQ10のようにフィールドの狩場のようなものだとFATEがあります。

【DQ10とFF14の比較】 F.A.T.E
今回の比べネタはFATEです。 フィールド上でいきなり発生しているイベントなのですが、詳しくは本文にて。 DQ10で該当するもの...

簡単に言うとリアルタイムで狩場が出現するような感じですね。

こういったフィールド用のレベリング手段もあります。

他にもディープダンジョンといったコンテンツでもレベリングできますね。

また、FF14はダンジョンのモンスターの経験値が多めに設定されているので、モンスターを倒して経験値をもらうならこっちが該当します。

どちらのゲームにもいろいろなレベリングの手段がありますね。

まとめ

DQ10はモンスターを直接倒してレベリングできる

FF14はフィールドのモンスターはダメだがダンジョンのモンスターはレベリングになる

ディープダンジョンは装備不要のコンテンツなので装備更新をしなくていいのが楽です

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします