【DQ10とFF14との比較】 いまどんな?設定

今回は、いまどんな?設定について比べてみます。

オンラインゲームっていろんな人がプレイしているから、相手がどんな状態か分からないと声をかけづらいんだよね。

DQ10だけじゃなく、FF14にも今どんな状態なのかを表示する項目があります。

それを比べてみます。

スポンサーリンク

お互いのいまどんな設定

まずはFF14から。

FF14はサーチ情報という所で、いまどんな状態かを設定することができます。

ビギナー
オンライン
メンター
バトルメンター
製作採集メンター
PvPメンター
取り込み中
離席
マテリア装着請負中
ロールプレイ中
パーティ希望
CF申請中

~自動的になる~

パーティリーダー
パーティメンバー
コンテンツ中(クロスワールド)
コンテンツ中
イベント中

次はDQ10です。

参考サイト http://nigg-dq10.blog.jp/archives/1037584616.html

仲間募集中
いまヒマです
フレンド募集中
チーム入隊希望
錬金受付中
ひとりプレイ中
チャット非表示
離席中
キーボードなし
初心者です
なんでも聞いて

それではいろいろ解説していきます。

まず、「ビギナー」と「初心者です」は同じ意味です。

でもDQ10の初心者ですはただ表示させるだけで特別な効果はないのかな?

FF14のビギナーはビギナー専用チャットに参加できたり、メンターと一緒だったらダンジョンの経験値が増えたりします。

ただ、一定のラインをこえるとビギナーが自動的に外れるので、ずっとビギナーでいることは無理です。

次は「メンター」と「なんでも聞いて」です。

これは先輩冒険者のみがなれるやつで、聞かれたいろいろ教えるよという感じです。

FF14は得意分野によっていくつかメンターが分かれています。

メンターになるにはいろいろ条件をクリアしないといけないのも同じ感じ。

それから、「マテリア装着請負中」と「錬金受付中」だとか「パーティ希望」と「仲間募集中」も同じ意味だと思う。

あとは独自の設定かなー。

FF14は「取り込み中」と「ロールプレイ中」と「CF申請中」がそうだと思う。

取り込み中は忙しいから話しかけてくるんじゃねえぞ?というのを表示させるための項目です。

そんなのいちいち表示するのと思うかもしれないけど、FF14だとけっこう大事なんだよね。

クラフターの説明も今後するけど、FF14のクラフターはいろいろ計算したりするので話しかけられると困るときがある。

そんな時に誰からも話しかけられないように取り込み中にすることがある。

単純にリアル事情で設定してもいいし。

ロールプレイはいわゆるなりきりプレイをしているよということ。

だからこの表示を選んでいる人には現実の話をしないようにね。

あとはCF申請中。

CF(コンテンツファインダー)も説明しないと分からないと思うけど、簡単に言うとダンジョン予約システムです。

つまりダンジョン予約中ということですね。

だから話しかけてもいいけど、途中で会話が途切れるかもしれないよという表示なのです。

DQ10独自は「チャット非表示」と「キーボードなし」かな。

FF14はギミックが多いからチャットで話し合うことも多くて、こういうチャット設定はちょっとゲームデザインと合わないからなあ。

こういうところにもゲームデザインの違いが出てくるんだな、と。

あとDQ10って複数設定できるでしょ?

FF14はどれか1つだけだから、こういう違いもあります。

結論

同じものもあるけど、ゲームデザインによって採用しているものが違う。

あと調べて思ったけど、FF14って何気に項目が多いんだなあ。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします