【DQ10とFF14の比較】 サーバーごとの特徴

今回の比べネタはサーバーごとの特徴です。

DQ10はサーバーを自由に移動できるので、このサーバーはこの特徴になるというものはありませんが、それでも推奨プレイによる影響がありますね。

FF14はサーバーが固定されるのが理由かどうかは分かりませんが、なんとなくサーバーごとの特徴があります。

今回はその辺りを比べてみます。

スポンサーリンク

比較 サーバーごとの特徴

DQ10はサーバーを自由に移動できますが、サーバーごとに推奨プレイが設定されています。

例えばサーバー11や12はソロプレイ推奨、サーバー21や22は動画サイトなどの配信OKな人向きなどですね。

また、サーバー9や10は新人やカムバックしたプレイヤーしか入れないようになっています。

こういった推奨プレイによってサーバーの特徴がでています。

ただ、大事なのはそれだけじゃないですよね?

暗黙の了解みたいな感じで、目的によってどういったサーバーが使われているかがポイントだと思います。

まだDQ10を始めて日が浅いので違っているところもあると思いますが、個人的に調べてみました。

まずはサーバー1から。

ここが一番人が集まるところみたいですね。

人が集まるということはパーティ募集も多く、プレイヤーのレベルも高い傾向があるようです。

・・・くらいしか分かりませんでした。

職人をするならこのサーバーとか、オーガ好きならこのサーバーとかあるのかなあ。

また何か分かったら追記します。

では次はFF14です。

FF14はサーバーが固定なので、最初にどのサーバーでキャラを作るのかが大事ですね。

そのせいか、キャラを作る前にオススメサーバーを確認してから始める人もいるくらいです。

それでは個人的にFF14のサーバーごとの特徴をいくつか載せてみます。

(あくまでも個人的イメージなので注意!!)

・チョコボサーバー

人が多く、レイド(超高難易度コンテンツ)攻略者が最も多いサーバーです。

レイドを攻略したかったらこのサーバー、という感じです(ただ最近はサーバー間パーティ募集やレイドファインダーが実装されたので、以前ほどではないです)。

ただあまりにも人が多く、なかなか新規キャラクターを作れないサーバーでもあります。

・シンリュウサーバー

PS4版実装と同時に追加されたサーバーです。

新規のプレイヤーや、最初からやり直そうと考えたプレイヤーがどんどん参入した結果、全サーバーでもかなり人口が多いサーバーになってしまいました。

チョコボサーバーと同じくなかなか新規キャラクターが作れません。

当時は新人も多かったのですが、PS4版実装からだいぶ時間が経過したので、今はそうでもない感じです。

・バハムートサーバー

かなり人口が多いサーバーです。

チョコボと同じくレイド攻略を目指すプレイヤーも多いですし、いろいろな遊び方をしているプレイヤーも多いです。

・トンベリサーバー

ニコニコ動画などでゲーム実況を行っているNGCが所属しているサーバーです。

それからなぜか外国人が多いサーバーです。

パーティ募集も英文が多いです。

自分が知っているFF14のサーバーの特徴はこんな感じですね。

やっぱりどのゲームもサーバーごとの特徴が出ると思います。

まとめ

DQ10はサーバーごとに推奨プレイを設定している

FF14はサーバーごとに少しずつ特徴が出ている

私がいるサーバー名は秘密ですが、それなりに平和なので気に入っています

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします

コメント

  1. anz より:

    はじめまして!数日前からFFのトライアルをはじめていて色々と検索しているうちに、こちらのブログにたどり着いたDQ10プレイヤーです。
    ロッピィさんとは完全に逆の立場で、エオルゼアをうろうろしているので、とても興味深く一気読みさせていただきました!
    比較記事とても判りやすかったです~!

    • ロッピィ より:

      コメントありがとうございますー。
      FF14もおもしろいゲームなので、楽しんでいってくださいね。

  2. ななし より:

    サーバー1は、人が多くあつまるだけで、玉石混合です。あと○○用とは書いていても、9、10以外は移動自由なので、おすすめだけですね。
    昔はゲン担ぎで、5、33、37のリーネがよく働く、27のガートの福引は良く当たる、というのがあります

    • ロッピィ より:

      ゲン担ぎでサーバーを決める!?
      あ、でもFF14もアートマの時にそういうオカルト話があったなあ・・・。