【DQ10とFF14の比較】 サブストーリーの配信

今回の比べネタはサブストーリーの配信です。

要はメインに関係なく、サブキャラに関するストーリーのことですね。

こういったサブストーリーの配信はオンラインゲームだけでなくオフラインのゲームにも多く見られるようになってきましたが、それでもオンラインゲームの方が数が多いと思います。

長く続くゲームなのでコンテンツを増やす役目もありますし、ストーリーに厚みを増やすという役目もあるからですね。

ではDQ10から。

比較 サブストーリーの配信

DQ10は少しずつサブストーリーを配信していっていますね。

全配信クエスト一覧
http://hiroba.dqx.jp/sc/topics/detail/d645920e395fedad7bbbed0eca3fe2e0/

各村や町でストーリーが展開されていっています。

こういうのはなかなか楽しいですね。

メインストーリーで登場したキャラがもう一度登場して別の話を展開する。

ストーリークリア後にこの町がどうなったかも分かりますし、好きなキャラがもう一度登場してくれるのはうれしいものです。

それに運営的な話をすれば、ゲーム開発の練習にもなるんですよね。

FF14も蛮族クエストのストーリーは新人が担当しているらしく、そこで経験を積んでメインストーリーにも参加させていくという利点もあるみたいです。

ではFF14はどういったサブストーリーがあるかを紹介します。

FF14のサブストーリーといえばこれ、ヒルディブランドです。

人気のサブストーリーなのですが・・・メインストーリーには全く登場しません!!

そもそも話の内容がおかしいです。

どれくらいおかしいかはニコニコ動画などにストーリーまとめがあるので見ていただければ分かると思います。

もう少しまともなサブストーリーはレターモーグリですね。

レターモーグリというは第七霊災の混乱時に手紙を配達するという手伝いをしていたところ、すっかり旅好きになってしまい、いつのまにか仕事にしてしまったというモーグリですね。

プレイヤーがレターモーグリの仕事を手伝うという形で様々なストーリーが展開されます。

こちらはメインストーリーやジョブストーリーなどに登場した人物が主に描かれています。

【DQ10とFF14の比較】 F.A.T.E
今回の比べネタはFATEです。 フィールド上でいきなり発生しているイベントなのですが、詳しくは本文にて。 DQ10で該当するもの...

特にFF14はFATEというイベントがあるので、なぜこんな戦闘が起きてしまったのか、といった話も展開されたりします。

最後は蛮族クエストです。

FF14には蛮族と呼ばれている種族がいて、その蛮族に協力していくストーリーですね。

こちらはどちからかというとストーリーを楽しむだけでなく、レベリング手段のクエストとなっています。

DQ10の討伐クエストと同じように毎日受けれる形式になっているので、レベリングにも適しています。

FF14のサブクエストはこんな感じですね。

オンラインゲームのサブストーリーは徐々に配信されていくので、長く楽しめるようになっています。

まとめ

DQ10は各村や町でサブストーリーが追加されていっている

FF14はいろいろな形式でサブストーリーが配信されている

ヒルディブランドは人気のコンテンツのせいか、サブストーリーにしてはやけにコストがかかっているので、もしFF14をプレイする時はぜひプレイしてほしいですね。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします