132820G

あらすじ

キーエンブレムを入手しました。

その後は・・・

いいニヤニヤタイムであった。

スポンサーリンク

メギストリス

さーて、ジュレットのストーリーも終わったし、次はどこへ行こうか?

いろいろ進めたいクエストもあるんだけど、ストーリーを進めないと何かと不便なところも多いんだよなあ。

それにキーエンブレムもまだ集めないといけないし・・・。

そういえばあと1個キーエンブレムを集めればネルゲルと戦えるの?

他のストーリーも残ってるのにいいのかな?

まあ、進めれば分かるか。

とりあえず木工のところへ行こう。

実はずっと放置してたんだよね・・・。

うおっ、132820G!!

スマホのソフトでいっぱつしあげを繰り返していたら、こんな金額になってしまってた。

もちろんレベルも上がるし。

でも1レベルしか上がらないなんて、職人のレベル上げるのきつくない?

マーケットの値段を維持するためなんだろうけど、FF14と比べるとかなりきついなあ。

さて、もう1つ放置していたものがある。

倉庫の拡張クエストである。

納品は済んでいたけど、30分待つどころかずいぶん経ってしまってたなあ。

この99個どうしようか。

出品するか。

おおっ!!

新しい倉庫が使えるようになった。

これは楽だわー。

倉庫拡張クエストも終わったし・・・これで終わるのはちょっと早いな。

というわけでメギストリスのストーリーに着手します。

そういえば王子が引きこもっていたんだよね、この国。

プクリポ族ってもっと「わーい!」とか「たーのしー!」とかそんな感じの種族かと思ってたんだけど、そんなことはなかった。

おっ、フォステイル。

でもフォステイルって英雄じゃなかったの?

ひさしぶり?

それはともかくなんか扱いが悪いな・・・。

ふーむ。

予知・・・予知!?

フォステイルもアルウェみたいな予知能力があるってこと?

ノートなあ。

結局3番目の願いは書いてしまったのだろうか。

王は激怒した。

以前何かあったんだろうなあ。

結局王はフォステイルの言うことを信じず、フォステイルは退室していった。

さて、どうなるのか。

今回はここまでです。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします