【DQ10とFF14の比較】 サブキャラを作るメリット

今回の比べネタはサブキャラを作るメリットです。

FF14もDQ10もメイン以外にいくつかサブキャラを作ることができます。

基本は必要ない存在ですが、サブキャラを作ることでいくつかメリットがあります。

その辺りを比べてみます。

スポンサーリンク

比較 サブキャラを作るメリット

DQ10ではサブキャラのメリットはいくつかあります。

まず、家を持っている場合は倉庫を使ってアイテムなどを共有できることですね。

サブキャラにアイテムを預けることで結果的に持てるアイテム数を増やすなんてことができます。

それからサポート仲間として使うというやり方もあります。

DQ10にはサポート仲間という機能があるので、パーティメンバーとして自分好みのキャラにしていくことで、うまくサポートさせることができます。

メリットの中で一番のものはやはり職人ですね。

DQ10は職人は1つしかなれないので、サブキャラにメインとは別の職人をさせることで装備製作などを楽にすることができます。

サブキャラを育成するのは大変ですが、それなりにメリットがあるわけですね。

一方のFF14ですが、サブキャラを作るメリットはDQ10と比べると低いです。

そもそもアイテムの受け渡し自体がかなり難しくなっています。

まず、FF14はサーバーが固定されているので、サブキャラが同じサーバーでないとアイテムの受け渡しはできません。

もしメインキャラがチョコボサーバーなどの人気のサーバーにいれば、サブキャラを作ること自体が難しいので、この方法自体がきびしくなります。

また、同じサーバーにサブキャラがいたとしてもフレンドになれない仕様なので、モグレターを使ってアイテムの受け渡しはできません。

そのため、アイテムを受け渡しするにはメインキャラとサブキャラが同じFCに所属し、FCチェスト(FC倉庫)を介して受け渡すしかないのです。

ただ、FCチェストはFCメンバー共通の倉庫なので、私用で使うのもマナー的にどうかということにもなってきます。

ソロFCを作るか、知り合いだけのFCを作るか、メンバー全員サブキャラとアイテムをやり取りしていいFCを見つけるといったことが必要なので、かなりハードルが高いです。

(一応、仲のいいフレンドに頼んで、メインキャラ→フレンド→サブキャラという方法もなくはないです)

アイテムのやり取りが難しいのでサブキャラを作るメリットが下がるわけですね。

また、これは職人にも言えます。

DQ10は職人は1つしかなれませんが、FF14は全てのクラフターになれるので、サブキャラのクラフターを上げるメリットがないのです。

一応マイスターは8職中3職しかなれないので、サブキャラに別のマイスターをさせるというのもありなのですが、前述したアイテムのやり取りの方法を確保していないと意味がないので、難しいところです。

FF14のサブキャラのメリットは他のサーバーに遊びに行く、他の種族を試してみるといったことが主なことだと思います。

ゲームによってメリットはいろいろ違いますね。

まとめ

DQ10はサブキャラに職人をさせる

FF14はサブキャラのメリットはどちからかというと薄い

ちなみにメインキャラがアイテムをマーケットに格安で出品してサブキャラがそれを落札するという方法もあるのですが・・・他のプレイヤーが購入する可能性もある大変危険な方法となっています。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします