【DQ10とFF14の比較】 外国人プレイヤー 後編

前回の続きです。

【DQ10とFF14の比較】 外国人プレイヤー 前編
今回の比べネタは、コメントでネタを頂いた外国人プレイヤーについてです。 オンラインゲームは顔の見えない誰かとプレイしているのでそれが外...

今回は国外の外国人プレイヤーで比べてみます。

と言いつつ、今回もFF14多めです。

スポンサーリンク

比較 外国人プレイヤー 後編

DQ10は海外だと中国で展開しているようです。

別サーバーなので中国人プレイヤーと同時にプレイすることはできません。

今のところ海外展開はこれぐらいみたいですね。

前回の記事にも書きましたが、基本的に海外からDQ10へアクセスできないので、DQ10のプレイヤーはほとんど日本人プレイヤーになると思います。

FF14は最初から世界展開しているので海外にも多くのプレイヤーがいます。

まず、スクエニが管理するグローバル版が日本・北米・欧州となり、これらはそれぞれの場所にサーバーがありますが、アクセス自体はできます。

中国・韓国でもFF14はサービス展開していますが、こちらは別の会社が管理していて、サーバーも独自のものとなり日本からアクセスすることは多分できません。

それにパッチリリースも遅れていますね(その分、その国独自のアイテム、例えばチャイナドレスなどが追加されています)。

そんなわけで今回は北米・欧州プレイヤーを中心に進めてみます。

こちらはグローバル版なのでパッチリリースタイミングなども全て同じなんですよね。

だから日本プレイヤーと話題も共有しています。

私は北米サーバーなどにアクセスしたことはないのですが、いろいろ特徴は伝わってきています。

日本だとギャザクラ(採集と職人)が好きなプレイヤーが多いせいか、マーケットのアイテムはそれなりの値段なのですが、海外は戦闘が好きなプレイヤーが多いらしく、マーケットの値段はかなり高めだそうです。

あとはプレイヤースキルなのですが、これもネットのでの総評なのですが、海外は上と下の差が激しいと言われています。

例えば10点満点で言うと、日本は8~3点までのプレイヤーが多く、グループ行動が得意なので特に問題なくコンテンツをクリアできたりします。

ただ、海外は10点・9点、1点、0点くらいの幅広い範囲のプレイヤーがいるため、滅茶苦茶うまいプレイヤーもいる反面、どうしてこうなるの?みたいなプレイヤーもいると言われています。

実際、毎回実装されるレイド(超高難易度コンテンツ)を世界初でクリアしたプレイヤーは外国人チームの方が多いので、必ずしも間違っていないのかなあと思います。

そして最後は海外でFF14が盛り上がっているかどうかですね。

実際、サーバーの増強などができているので、海外もかなり盛り上がっているようです。

というわけで最後に去年の年末から今年にかけて行われたファンフェスティバルの模様でも。

Celebrating the FFXIV Fan Festival 2016 in Las Vegas
https://www.youtube.com/watch?v=1QO6rYt4gtE

FFXIV Fan Festival 2017 in Frankfurt Recap video
https://www.youtube.com/watch?v=UaaPilVnI4o

まとめ

DQ10は中国で展開している

FF14は北米や欧州で展開していて、中国などの展開もある

これだけ海外展開しているので外国人プレイヤーとフレンドになってもおかしくないのですが・・・あまり聞かないですねえ。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします