【DQ10とFF14の比較】 プレイヤーが作った便利ツール

今回の比べネタはプレイヤーが作った便利ツールです。

要するに、運営側ではなくプレイヤー側が作った便利ツールのことですね。

これはゲーム内で使うタイプのものではなく、サイトにアクセスしていろいろ判断できるというものです。

実際に例を見た方が早いのでさっそく始めます。

スポンサーリンク

比較 プレイヤーが作った便利ツール

DQ10にはどういった便利ツールがあるか調べてみました。

スマホの便利ツールが本当に便利過ぎて作る必要がなさそうですが、それでもいくつかありますね。

ただ、前置きしておくと私はまだDQ10歴が浅く、便利ツールを使う段階に来ていないので、これから紹介するツールがどれくらい需要があるか分からないということだけはお伝えしておきます。

・DQ10 自動スキル振り分け君
http://dq10autoskill.herokuapp.com/

欲しいスキルに対してどれくらいスキルポイントを振り分けたらいいかシミュレートしてくれるツールです。

レベルが上がるとスキルの振り分けに悩むので、それを試せるのがいいですね。

・さいほうシミュレータ
http://saihou.obihimo.com/

さいほうでどうすればアイテムを完成できるかをシミュレーションできるツールです。

レアなアイテムもシミュレーションしておけば失敗するリスクを下げられます。

だいたいこういったツールが見つかりました。

スマホの便利ツール以外の方向性を考えると、やっぱりスキルの振り分けや職人のツールが需要があるようです。

ではFF14のツールはどうかというと・・・ひいき目に見てもけっこうすごいと思います。

どうすごいかと言うと、開発陣も愛用しているくらいすごいです。

例えばつい先日、FF14の吉田PDがゲーム内で遊ぶ吉P散歩という番組が放送されたのですが、後に紹介するffxiv-the-huntの管理人さんがちょうど同じサーバーにいて、吉Pからパッチ4.0のモブハントもお願いしますと言われたそうで。

そんなふうに開発陣も使っているツールがいくつか存在します。

・XIV データベース エリオネス
https://eriones.com/

まずはこれです。

以前も紹介しました有志のデーターベースです。

公式のデーターベースと比べてギャザクラに特化していて、アイテムの採集場所や特殊な製作アイテムなど幅広いアイテムを載せてあります。

しかもアイテムごとにリンクがつながっていて様々な情報にアクセスできるようになっているので、相当便利なサイトです。

・猫はお腹がすいた
http://ff14angler.com/

これはFF14の釣りだけに特化したサイトです。

FF14はヌシという存在があり、このヌシはゲーム内の時間やエサや天気などの条件が揃わないと釣れないようになっています。

そのため、天気や釣れる場所などどういった時に釣れたかといった様々なデータが載っています。

しかも釣果はどんどんプレイヤーから集まっていき、この魚が釣れる確率がどれくらいかなどまで分かるようになっています。

・FF14俺tools:ギャザラータイマー
http://ffxiv.gt.exdreams.net/

FF14には未知の採集場所というものがあり、これはゲーム内時間が特定の間しか採集できないようになっています。

このツールはゲーム内時間が分かるので、今はどの場所でどういったアイテムが採れるかが分かるようになっています。

詳しい場所や棚数(←説明は略)も分かるので、とても便利なツールとなっています。

・ffxiv-the-hunt
http://ffxiv-the-hunt.net/

FF14にはリスキーモブというモンスターがいて、これはリアル数時間に1度、リアル数日に1度復活する仕様になっています。

そこで、リスキーモブを討伐した時にこのサイトに倒したことを報告すれば、リスキーモブが復活するタイミングが分かるようになっています。

しかもサーバーごとにデータは管理されているので、自分のサーバーの状況が分かるようになっています。

さらに、嘘報告と本当の報告かも判断できるようになっているので、精度もいいです。

・むーむーのネタ帳
http://ff14moo.moo.jp/

収集メモや進捗確認など、細かいツールを多数扱っています。

DQ10プレイヤーの方はピンとこないかもしれませんが、FF14はコレクション要素がかなり多く、こういったツールもかなり便利なんです。

それから、毎パッチごとに新クエストの開始一覧などを載せてくれることでも有名ですね。

とまあこんな感じにFF14は有志のツールがけっこうあります。

どれも使っているツールなので、便利でありがたいです。

まとめ

DQ10はスキルの振り分けや職人のシミュレータがある

FF14は様々なツールがある

一番愛用しているのは・・・やっぱりエリオネスです。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします