【DQ10とFF14との比較】 職人のなり方

今回は職人のなり方について比べます。

DQ10とFF14では職人自体もいろいろ違いがあるけど、まずはなり方から。

職人になるためには何か条件が必要なのかということですね。

レベルとか、制限とか、そういったものを比べてみます。

スポンサーリンク

職人のなり方 比較

まずは職人(クラフター)になる条件からです。

FF14は最初に選んだ戦闘クラスのレベルを10にして、特定のクエストをクリアすれば、他のクラスを選べるようになります。

このクラスは戦闘・ギャザラー・クラフターの全てが当てはまります。

一方、DQ10は特に条件はないのかな?

それぞれのギルドマスターに話しかければなれるようです。

ここまではそれほど変わりません。

問題は次です。

DQ10は職人レベルを11にするにはその職人専属にならないといけないけど、そうすると他の職人になれなくなってしまう。

一応ギルド移籍許可証があれば他の職人に移れるけど、頻繁に使えるものでもない。

だからDQ10は職人のしばりがけっこう強いのね。

じゃあ、FF14はどうなのか。

実は職人のしばりは全くありません。

木工師をやっていて、すぐに彫金師になれるし、またすぐに木工師になれたりするのがFF14です。

というかそもそも申し込む必要もなくて、一度クラスを解放したら、主道具を変更するだけでクラスを変更できちゃうのです。(正確にはギアセットで装備を一気に変更するのだけど)

だから木工師で木材を作って、鍛冶師でその木材を使って彫金主道具を作って、その主道具を彫金師が使って宝石を作る。

みたいな作業が全部ひとりでできちゃいます。

だから自分の装備を全て自分で作るなんてこともできます。

で、装備を強化するマテリア装着も全部自分でできるから、全部ひとりで完結できちゃうというのがFF14のクラフターなんです。

これはDQ10プレイヤーにとってみればうらやましいのかなあ。

でもDQ10は職人が専属になっているからこそバザーのやり取りが大事になっているのだろうし、いいところも悪いところもあるのかなあと思う。

ちなみに専属システム、実はFF14にもマイスターという名前であります。

8つあるクラフターのクラスの中から、3つを選ばないといけません。(ただし、強制じゃない)

これはどちらかというと、専属になるというより、さらにすごいアイテムを作れるようになる、みたいなもの。

マイスターになったからといってクラスが変更できなくなるわけじゃないし、全クラスのアイテムを作れるのは変わらない。

ただ、マイスターにしか作れないアイテムが登場して、それは専属マイスターだけが作れるよ、みたいな感じです。

今までFF14はどのクラスのアイテムも作れたから、けっこうこのマイスターシステムは抵抗あるプレイヤーが多かったんだけどね。

最近は慣れたプレイヤーも多いのかなあと思う。

マイスターのおかげでマイスターだけが作れるアイテムの値段が維持されるなんてこともあるし。

まとめ

職人になること自体はどっちも楽。

だけど、DQ10は一度職人をすすめると他の職人になるのが難しくて、FF14はすごく簡単。

ただし、FF14は後半になるとマイスターというのが登場して、どれかクラスを選ばないといけなくなる。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします