【DQ10とFF14の比較】 常闇の聖戦(極蛮神戦)

今回の比べネタは常闇の聖戦(極蛮神戦)です。

正直、まだバージョン1さえクリアしていないので常闇の聖戦なんて遥か遠くのコンテンツなのですが、まあ相変わらずネタがないということで。

どうやらバージョン3から戦えるようになる強力なボス戦みたいですね。

FF14もパッチ3からのボス戦を比べてみます。

スポンサーリンク

比較 常闇の聖戦(極蛮神戦)

FF14と比較を見てみると、まずは難易度です。

DQ10は難易度1~4まで設定することができ、FF14はノーマル(以前は真と呼んでいた)と極があります。

DQ10の場合、難易度上昇で起こることは攻撃力やHPなどの上昇が主な変更みたいですね。

一応ギミックが多少変更されるなどがあり、単純な強化ではないみたいです。

FF14の難易度変更は同じように攻撃力やHPの強化がされるのですが、大きく違うのはギミックですね。

ノーマルのやり方が全く通用しなくなるくらい、ギミックの変更が行われたりします。

例を挙げると・・・

[FF14]パッチ3.5 「鬼神ズルワーン討滅戦」 ノーマル
https://www.youtube.com/watch?v=ogOAHgSZ7HE

FF14 極鬼神ズルワーン討滅戦 【白視点】
https://www.youtube.com/watch?v=VG8k5VN-bwE

ノーマルは6分過ぎた辺り、極は4分過ぎた辺りが同じようなタイミングとなっています。

初めて見ただけだと分かりづらいかもしれませんが、極だといきなりノーマルになかったギミック(線でつながれる)が登場しています。

極での追加ギミック例

・プレイヤー同士が線でつながれる。一定距離以上離れてはいけない

・敵の攻撃範囲が見えない。予兆が出たら範囲を想像して避ける必要がある

・自分の刻印に合わせて入る場所が3か所→8カ所に増えている

などなど、FF14の場合は難易度が上がるとギミックがてんこ盛りになるのが特徴です。

そのため、ノーマルは一般的なプレイヤー、極は高難易度に挑戦したいプレイヤーと住み分けがされています。

それからDQ10とFF14で同じなことは装備品がもらえることですね。

交換用アイテムなどをもらえます。

FF14もそうなのですが、ちょっと違うのはノーマルだと何ももらえません。

ノーマルと極に難易度が分かれていて報酬をもらえるコンテンツもあるのですが、最近の蛮神戦はノーマルだと何ももらえません。

装備品などが欲しかったら極に挑むしかないというのが違いですね。

その分かなり強力な装備が入手できるようになっています。

まとめ

DQ10は難易度1~4を選び、かなりの高難易度な戦いを行う

FF14はノーマルと極があり、ノーマルは普通のプレイヤー、極は高難易度に挑むプレイヤーになる

ちなみにFF14の報酬はマウントもあります

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします