妖精サンビタリア

あらすじ

寄り道したら、だいたい死にかける。

さすがにもう懲りた・・・。

次は城へ向かうよー。

スポンサーリンク

城と妖精

さーて、寄り道したら大変な目にあったので、今回はまっすぐ目的地に向かいます。

歩く。

歩く。

お、何かある。集落だ。

2016-11-14-1

え、何、光ってるんですけど?

どうやらこういう場所が他にあるらしい。

2016-11-14-2

ふぁー。

まああれだ、パッケージ買う予定だし、オールインワンパックにするから、いずれできるようになるだろう。

2016-11-14-3

ふむ。

名前的にパラディンかな?

これはパラディンになれるのか、それともパラディン用のイベント関連なのか。

まずは今やっている武闘家のレベルを上げないとねー。

2016-11-14-4

ほう、ぬしとな?

FF14で言うところのモブハントだろうか。

ぬしを倒したら何かもらえるのかなあ。

さて、集落を抜けてさらに歩く。

歩く。

・・・遠いなあ。

ふう、ようやく着いた。

2016-11-14-5

ふえ?

まさか、超える力が発動したのか!?(内輪ネタ)

2016-11-14-6

誰でしょう・・・。

2016-11-14-7

んー、どういうことだろう。

城へと戻ってきたし、とりあえず名前が黄色の人に話しかけてみる。

2016-11-14-8

おお、ちいさなメダルをもらった。

・・・ああ、なるほど。

黄色の名前の人はいろいろ情報をくれたり、何か便利な機能を使えるようになったりするのね。

つまり、こういう便利機能の解放をストーリーに組み込んで紹介しているのか。

こういうのもおもしろいやり方だなあ。

FF14だとストーリーに組み込むということはないけど、頭の上に大きなマークがあるからねえ。

こんなふうに話しかけるべき人をどう紹介するかというのもいいネタになりそうね。

次回は討伐クエストに初チャレンジします。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします