【DQ10とFF14の比較】 装備更新のやり方

今回の比べネタは装備更新のやり方です。

DQ10は装備を更新すると言うと、バザーで購入するか、職人で自作するかといった感じです。

FF14プレイヤーからするとそれは不思議な感じなんですよね。

さっそく比べてみます。

スポンサーリンク

比較 装備更新のやり方

DQ10は低いレベル帯の装備は店で売っていますが、それ以上のレベルとなるとバザーから購入する必要があります。

問題なのはそれ以外の入手方法なんですよね。

もちろん職人になって自作するというのも方法の1つなのですが、コンテンツをクリアするだけで装備をもらえるかどうかというのが大事なポイントです。

一部のコンテンツでアクセサリーがもらえるというのはありますが、それぐらいですよね(職業クエストで専用装備がもらえるというのはありますが)。

サブクエストをクリアしたり、メインクエストのボスを倒したり、ダンジョンの宝箱を開けたり、そうしたことをしても装備は入手できません。

つまり、装備品は基本的には買うもので、ドロップするものではないのがDQ10だということですね。

買うだけで装備更新できるという便利さはありますが、その分素材を集めるのが大変ですし、装備品も高騰します。

職人は儲けやすくなっていますが、普通のプレイヤーも金策をしないと装備更新が難しくなるというのが流れだと思います。

一方、FF14はほぼ逆だと言えます。

一応町の装備屋で装備品を購入することや、マーケットから装備品を購入することはできますが、一度も購入することなくクリアが可能です。

もっと言えば、装備品を購入しなくてもゲーム最前線に立つことさえできます。

それだけ装備品が入手できるタイミングが多いわけですね。

クエスト報酬、ダンジョンの宝箱からドロップ、装備交換アイテム(アラガントームストーンなど)、成長武器などなどこういった多数の装備をもらえる機会があります。

まずはクエスト報酬です。

クエストを進めるだけで報酬として装備がもらえたり、装備がもらえるサブクエストがけっこうあります。

そしてダンジョンからのドロップ。

1つのダンジョンでだいたい3~4個の装備がドロップします。

パーティメンバーでロット勝負(ダイスを振って大きい数の人がもらえるような感じ)する必要がありますが、それでも何回かダンジョンに行くだけでどんどん装備がそろっていきます。

そして装備交換アイテムです。

ダンジョンをクリアすることでアラガントームストーンというものがたまっていき、それを使って強力な装備と交換できます。

この装備は最前線クラスのものなので一切お金をかせずに装備を更新することができます。

他にも数々の課題をこなして武器を成長させていくコンテンツなどもあるので、装備更新は購入するものというイメージはほとんどないですね。

もちろん製作装備も多数あるので、購入して一気に更新するやり方もあります。

装備更新の方法が幅広いのがFF14の特徴だと思います。

ただ、武器だけはちょっと不自由にしてあります。

序盤はいろいろあるのですが、最近は武器の製作装備はほとんど登場しませんし、ダンジョンからドロップもしません。

武器の装備交換も特殊なアイテムが必要になるなど簡単にはさせてくれません。

もしコンテンツから武器を入手したいなら、高難易度のコンテンツをクリアするようになっています。(高難易度コンテンツをクリアできない人は他のやり方で更新します)

武器の価値は防具より相当高くなっているので、それでバランスをとっている感じですね。

装備更新1つとってみてもゲームによってだいぶ違っています。

まとめ

DQ10は主に買う

FF14は主にドロップ品か交換する

ちなみにアラガントームストーンは最前線タイプは(アラガントームストーンは複数のタイプが存在する)週制限がかかっていて、ちょっとずつしか交換できないようになっています。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします