(´;ω;`)

あらすじ

魔物なんていなかった。

でも信じてもらえなかった。

しかも見られてた。

スポンサーリンク

アルウェの別荘

というわけでアルウェの別荘に来ました。

ここに手がかりがあるらしいけど・・・。

これはあれか、あの時の扉と同じ仕組みなのか?

・・・回想が始まった!

アルウェは2つ目の願いを書いていた。

しかし・・・。

プクリポのみんなを救うような男の子?

ラグアス王子のことなんだろうけど、救うようなってところが引っかかる。

やっぱり何か予知をしていたのだろうか?

え、え、ちょっと情報多いよ!

とりあえず続けてみてみる。

そっくりぽん。

しかし、ラグアスも予知能力を持っているのか。

うーん、引きこもっているのも何か理由があるかもしれない。

宝・・・やっぱりノートかなあ。

アルウェはちゃんと母親をやっていたんだなあと。

こんな約束をしていたとは。

だったら、なおさら今のラグアスは何をしているんだろう。

ああ、このセリフは・・・。

(´;ω;`)

そして・・・。

(´;ω;`)

やはりアルウェは最後の願いを書いていたらしい。

どんな願いを書いたかまでは分からなかったけれど。

ふえ!?

フォステイルとの会話がかみ合わないと思ったら、このフォステイルはフォステイルじゃなかった?

ええ・・・。

うーん、ますます分からない。

とりあえずストーリーを進めるしかないか。

今回はここまでです。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします