【DQ10とFF14の比較】 エターナルバンド

今回の比べネタはエターナルバンドです。

【DQ10とFF14の比較】 DQXショップ(オプションアイテム)
今回の比べネタはDQXショップです。 要するに、月額料金以外に有料で販売しているオプションアイテムのことですね。 DQ10もFF...

以前↑でちょろっと紹介したのですが、今回は詳しく説明してみます。

そのため、今回はほとんどFF14側の紹介記事になります。

スポンサーリンク

比較 エターナルバンド

エターナルバンドとは何なのか・・・簡単に言うと結婚式です。

ただ、FF14ではそういった言い方はせず永遠の絆を誓う合う儀式とだけ言っています。

エターナルバンド
http://www.finalfantasyxiv.com/eternalbond/jp/

まあ、公式ページを見ればどういうものか一発で分かりますね。

(ちなみに同性でもエタバンできます)

こういうものはDQ10にはないですね。

動画を探してみましたが結婚式風にセリフをしたり動いたりするものがあったのでユーザーイベントで作る人もいますが、公式にはない感じです。

ではエターナルバンドのしくみを説明してみます。

まずプランを申し込むのですが・・・無料のものと有料(リアルマネー)のものがあります。

有料だと凝った演出になったり、特別なアイテムがもらえたりするので、こちらを選択するプレイヤーもいます。

そして当日までもいろいろあります。

エタバンする二人は各地を回ってエオルゼアの神様の祝福を受けるクエストが発生しますし、仲のいいフレンドに招待状を渡して招待もします。

式の演出の選択もしますし、式の装飾やBGMの選択など、本物のようにいろいろ設定します。

これだけ大掛かりなので、突発的にできるようなものではないですね。

そのため、会場もちゃんと予約する必要があります。

実際、FF14プレイ時の案内も○○月○○日にメンテナンスが入るので○○日から予約ができなくなりますといったものが流れたりします。

エタバンする人も招待客もちゃんと時間を合わせて会場に向かいますし、もし主催者側が遅刻するとセレモニーは延期されてしまいます。

これくらい時間にきびしく、本当の式のようにいろいろな手順をするわけですね。

そうして式が始まるといろいろあって、スクリーンショットタイムなどもあります。

式が終わったら、招待客が「祝砲」で歓迎して終わります。

こうしてエターナルバンドが成立します。

このエタバンからリアルエタバンにまでなったプレイヤーもいるので、オンラインゲームの1つの形としておもしろいコンテンツだと思います。

まとめ

DQ10は結婚的なものはまだない

FF14はエターナルバンドでそういったことができる

そして、エタバンした2人は特典として、エタバンした相手の元に直接テレポして移動できるようになります

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします