【DQ10とFF14の比較】 ドルボード(マウント)のパワーアップ

今回の比べネタはドルボード(マウント)のパワーアップです。

要するに乗り物のスピードアップなどの機能強化についてです。

DQ10もFF14も何かしらのパワーアップクエストがあります。

ではDQ10から。

スポンサーリンク

比較 ドルボード(マウント)のパワーアップ

DQ10ではドルボードのパワーアップは2種類あります。

まずはタンクの拡張です。

タンクの容量が2倍になり、乗れる時間も倍になります。

もう1つがブースト機能です。

ドルボードで走っているとゲージがたまっていって、それが満タンになったときにブーストで走れるようになります。

使用時間の増加とブースト機能がDQ10の乗り物のパワーアップとなります。

一方、FF14は元々マウントの使用制限はないので、上記のようなパワーアップはありません。

やはりFF14のマウントのパワーアップは飛行可能になることだと思います。

【FINALFANTASY14】マウント・グリフォン【FF14】
https://www.youtube.com/watch?v=7T6Lo2msjIk

こんなふうにエリア内を自由に飛ぶことができます。

ただ、飛ぶためにはいろいろと条件が必要です。

・風脈を見つける

まず、エリア内に風脈というものが浮いています。

これらを全て開放しないとそのエリアでは飛ぶことができません。

しかも、メインストーリーを進めることで入手できるクエスト用の風脈も必要です。

なんでこんな面倒な仕様にしているかというと、ストーリーやらゲーム体験やら、いろいろな理由のためです。

新エリアにたどり着いてすぐに飛行可能だと、いきなり未知の町やダンジョンの場所へ飛ぶことが可能ですし、マップの道中に起こるイベントも全部無視してしまいます。

そういったことを防ぐために仕方なくですね。

・新エリアのみ飛行可能

もう1つの条件がパッチ3以降に追加された新エリアしか飛べないということです。

これは飛行マウントがパッチ3で追加されたものなので、旧エリアは飛べることを想定していないからですね。

旧エリアが飛べてしまうといろいろ不都合があるみたいなので、飛行マウントは新エリアのみとなっています。

・一部のマウントしか飛べない

FF14はたくさんのマウントがあります。

その全てが飛べるようにはなっていません。

飛行用のモーションを用意しなくてはいけないというのもありますが、単純に飛んだらおかしいものもあるからですね。

その割にはでぶチョコボが飛べたりしますが・・・。

ただ、飛行可能なマウントはけっこうあるので、その中から好きなものを選ぶ感じです。

そして、FF14のマウントはさらにパワーアップする予定です。

次の拡張版では水中を泳げるようになり、既存のエリアも走行スピードがアップするみたいです。

乗り物がパワーアップすれば冒険が便利になるので、いろいろ機能が拡張されるのはいいことですね。

まとめ

DQ10は容量の増加やブースト。

FF14は飛行できるようになる。

ちなみにFF14はバイク問題というのもあるのですが、興味のある方は調べてみてください。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします