【DQ10とFF14の比較】 ジャンピングポーション(ストーリー・レベルスキップアイテム)

今回の比べネタはジャンピングポーションです。

これはゲーム内のアイテムではなく、ちょっと特殊な効果のアイテムです。

ゲーム内のストーリーを全てクリア済にしたり、プレイヤーのレベルを60にしたりする効果があります。

はあ!?と思われる方もいるかもしれませんが、オンラインゲームならではの問題あるので、この辺りに触れながら解説します。

スポンサーリンク

比較 ジャンピングポーション

FF14では先日、ジャンピングポーション(ストーリーショートカット・ジョブレベルブースト)が実装されることが発表されました。

FF14 第36回プロデューサーレターLIVE 8/9
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31264598

これは有料の課金アイテムとして実装されるもので、このアイテムを使うことでストーリーを特定の段階まで進めたり、1つのクラスのレベルを60にしたりできます。

こういったゲームの進行状況をクリアさせることを有料にするのはどうなのか?という意見もあると思いますが、こういう選択肢も用意するということですね。

これにはオンラインゲームならではの問題があります。

まず、オンラインゲームはゲームを進めるのに時間がかかります。

昔より進めやすくなったとはいえ時間がかかるので、後続のプレイヤーは大変です。

DQ10では経験値を入手しやすくしたり、ストーリーをどんどんルーラして進められるようにしたりして時間を短縮させていますがそれでも大変です。

FF14も入手経験値の増加などの施策は入れているのですが、ストーリーは地道に進める必要があります。

後続のプレイヤーが先に始めている友達と一緒にプレイするためにはかなり時間がかかるわけですね。

そこでストーリーをスキップさせたり、レベルを上がった状態にしたりすることで新規プレイヤーも先に進めているプレイヤーに追いつくようにすることができます。

また、コンテンツの流行というものもあります。

オンラインゲームはコンテンツごとに流行があり、流行が過ぎたコンテンツは人が少なくなってしまいます。

流行するものはだいたい最新コンテンツなので、新規の人が始めてもなかなか人が多いコンテンツに行くことができないわけですね。

人との交流がオンラインゲームならではのものなので、最新のコンテンツが流行しているうちに行けることは大事です。

そのため、こういったアイテムを使うことで最新コンテンツに行きやすくさせるというわけですね。

ただ、こういうアイテムを導入するという判断はなかなか難しかったと思います。

FF14の戦闘はアクション性が強いものなので、新規の人がうまく動かせるとは限りませんし、途中のストーリーから始めても感情移入できるかどうかという問題もあります。

それでも最新コンテンツに人を集めて楽しんでもらうということを優先したので、これからどうなるか見ていきたいですね。

ちなみに値段ですが、

パッチ3.0直前ストーリーまで 1,944円
パッチ4.0直前ストーリーまで 2,700円
1クラスのレベルを60にする  2,700円(現仕様では1アカウント1個のみ。新ジョブでは使用不可)

となっています。

高いような安いような。

強制アイテムではないので、欲しい人は買えばいいというアイテムとなっています。

まとめ

DQ10ではストーリーを進めやすくなる施策はあるが、こういうスキップアイテムはない

FF14は拡張4.0からジャンピングポーションを導入する

しかし仮にDQ10にこういうアイテムを導入するとしたらどうなんでしょうね?

ストーリーのスキップというのはDQには合わない気がします。

ただ、レベルを一気に上げるというのはアリだと思うので、レベル○○にするというアイテムがいずれ出るかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします