ボス戦よりも続きが気になる

あらすじ

スキルポイントのクエストを進めようかと思ったけど、

無理だった。

メギストリスのストーリーを進めることにする。

スポンサーリンク

メギストリス

えっ、前回ストーリー系の記事を上げたの一か月以上前!?

いやー、紅蓮はおもしろかったですね・・・。

ぼちぼちこのブログの更新速度も上げないとなー。

さて、どうもフォステイルとの話がかみ合わなかったのはなぜなのか、

それはラグアス王子がフォステイルになっていたからだった。

フォステイルになれば王は言葉を信じるはずだったのに、結局こうなってしまった・・・。

普通の人間がこの空間に来れるはずはない。

やっぱりモンスターが化けていた。

イッドの狙いはこれだった。

王を騙し、儀式を行うよう仕向け、それと同時に儀式の間に仕掛けを行う・・・。

元の空間に戻ってきた。

なるほど、ノートが見つからないと思っていたら、リュートを持ち歩いて・・・あれ?

(´;ω;`)
あらすじ 魔物なんていなかった。 でも信じてもらえなかった。 しかも見られてた。 アルウェの別荘 というわけでアルウェ...

確かこのリュートってアルウェからもらったんじゃなかったっけ?

ラグアスにノートを渡すことがアルウェの願いだったのか?

にしては違和感があるけど・・・。

ラグアスはノートを使うつもりなのか?

どちらにせよ決着をつけないといけないな。

サポート仲間を連れて儀式の間へ向かいます。

一方、王は・・・。

間に合ったか!?

だが王は・・・。

ボス戦だー!!

強さ的にはまあまあ。

問題はない。

イッドの手下もそうだけど、なかなか嫌な言葉で揺さぶってくる。

ラグアスはどうするのか・・・。

今回はここまでです。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします