【DQ10とFF14の比較】 高難易度コンテンツ用装備の入手方法

今回の比べネタは高難易度コンテンツ用装備の入手方法です。

高難易度コンテンツは最近のDQ10だと常闇の聖戦、FF14だと次元の狭間オメガが該当します。

こういったコンテンツは装備にこだわらないとクリアはまず不可能なので、装備をどう確保するかというのは大事ですね。

DQ10やFF14では高難易度コンテンツの場合はどのように装備を入手するかを比べてみます。

スポンサーリンク

比較 高難易度コンテンツ用装備の入手方法

最初にお断りしますが、DQ10はまだ高難易度コンテンツに参加できるほどゲームが進んでいないので、扱う内容は調べたものとなっています。

間違ってたらゴメンね・・・。

さて、DQ10の装備は大きく分けて武防具・アクセサリー・宝珠の3種類に分かれます。

DQ10の武器や防具はコンテンツなどからドロップするのではなく、基本は職人が装備を製作します。

それは高難易度コンテンツも同じで、その時点での最高装備は職人が作りだすものとなっています。

最強装備を揃えるためには自分で作るかバザーから買うといった方法を取るしかなく、けっこうゴールドがかかるみたいです。

ただ、アクセサリーや宝珠はそうではなく自分でコンテンツをクリアして集めるようですね。

アクセサリーはコンテンツをクリアする、宝珠はモンスターからドロップするといった形になっています。

自分で作る・バザーで買う・コンテンツをクリアして集めるというのがDQ10での装備の集め方になります。

一方のFF14ですが、自分で作る・バザーで買う・コンテンツをクリアして集めるという言葉自体は一緒です。

ただ、その事情がだいぶ違いますね。

FF14で高難易度コンテンツに挑むための装備は以下のやり方で集めます。

・準高難易度コンテンツをクリアして集める

・新式装備を製作、またはマーケットから購入

・アラガントームストーンを集める

・高難易度コンテンツクリア自体で装備を入手

例えば今回のオメガ零式デルタ編で解説してみます。

まず、オメガ零式デルタ編のような高難易度コンテンツが実装される前にちょっとした準備期間があり、そこで装備を集めることができます。

・極スサノオ戦(IL320) 武器

・極ラクシュミ戦(IL320) アクセサリ

・オメガデルタ編ノーマル(IL320) 防具

そして高難易度コンテンツが実装される際に、新式装備というものが実装されます。

・新式装備(IL320) 武器・防具・アクセサリ

ところでそもそもILというのは何なのか?

これはアイテムレベルというもので、簡単に言うとこのILが高いほど強い装備だということです。

新式装備も同じIL320なので、これらの装備の強さは基本的には同じですね。(サブステータスは異なる)

じゃあ、同じILなのになぜわざわざ実装するかというと、マテリア禁断ができるからです。

マテリア禁断も簡単に言うとツボ錬金による強化みたいなものです。

新式装備はマテリア禁断がフルでできるので相当ステータスを伸ばすことができ、この中では一番強くなります。

実装時点では最強装備となりえるので、高難易度コンテンツを早期クリアするために新式装備を揃えようとするわけですね。

ただし・・・新式装備はクラフターが製作する装備なので、マーケットなどで買う必要があります。

クラフターにとっては稼ぐチャンスでもあるわけですね。

では新式装備が最高かというと必ずしもそうではなく、さらに強い装備が徐々に入手できます。

・アラガントームストーン万物(IL330~340) 武器・防具・アクセサリ

・オメガ零式デルタ編(IL340~345) 武器・防具・アクセサリ

アラガントームストーンというのは簡単に言うとちいさなメダルみたいなもので、集めることで装備と交換できます。

アラガントームストーンを入手できるコンテンツは幅広く、比較的簡単なコンテンツでも入手できるので、高難易度コンテンツに行かないプレイヤー向けの救済装備のような感じですね。

ただ、IL的には充分強力なので、この装備で高難易度コンテンツをクリアしていくというケースもあります。

じゃあこのアラガントームストーンを集めまくればいいかというと、そううまくはいかなくて、1週間に450個までしか入手できないという制限があります。

そのため、何週間か経過すると万物装備が揃ってきて実質的な緩和が行われるというわけですね。

もちろんオメガ零式デルタ編でも装備品を入手できますが、こちらも週制限がかかっているため、何個でも入手できるというわけではありません。

そうして時期を経過していくと装備が揃っていって、難易度の緩和も同時に行われるというのがFF14の高難易度コンテンツ用の装備の仕組みなわけですね。

まとめ

DQ10はバザーから装備を購入したり、コンテンツをクリアしてアクセサリーを入手したりする

FF14はマーケットから装備を購入したり、他にもいろいろな入手方法がある

ところで・・・金策好きの方は気づきましたか?

この仕組みから考えるとFF14の新式装備ってだんだん売れなくなるんじゃないかと。

その通りです。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします