【FF14 謎の単語解説】 その2 シャキる

前回の記事からだいぶ日が空いてしまいましたが、久々の「FF14謎単語」シリーズです。

【FF14 謎の単語解説】 その1 妖精さん
オンラインゲームは長期間サービスを行うので、新たな造語が生まれたりするんですよね。 それはDQ10もFF14も同じだと思います。 ...

↑前回の記事はこちら

今回は「シャキる」です。

スポンサーリンク

FF14謎の単語 その2 シャキる

FF14の記事やブログを見ていると割と当たり前に登場する言葉が、この「シャキる」です。

用例1

ライバルウィングズすごすぎない?未だに即シャキなんだが・・・。

用例2

うーん、古いコンテンツだからさすがにシャキらないか・・・。仕方ない、パーティ募集かけるか。

用例3

(フレンドとの会話中)あ、シャキったから行ってくるねー。

用例4

やっぱりヒラタンクがいるとシャキるの早いなあ。

日本語って造語でもこんなふうに活用できるから便利ですよねー。

まあ、日本語の可能性の話はとりあえず置いておいて、なんとなく用例を見ればイメージを掴めると思います。

まず、FF14にはコンテンツファインダーというマッチング予約システムがあります。

マッチングからパーティの編成まで全て自動で行ってくれるので非常に便利なんですよね。

ただ、コンテンツファインダー申請中はマッチングするまで自由時間となるので、何をしていてもいいのですが、ついつい予約しているのを忘れてしまうことがあります。

それを防ぐために、マッチング完了時点で特徴的な効果音が鳴ります。

「(`・ω・´)シャキーン!!」

もうお分かりだと思いますが、この効果音が「シャキる」という単語の語源となっています。

この(`・ω・´)シャキーンという音が鳴れば参加可能になっている状態なので、あとは参加ボタンを押せばコンテンツに参加できるわけですね。

用例3も会話中に(`・ω・´)シャキーンという音が鳴ったため、チャットを切り上げて参加しに行ったということになります。

ちなみにどんな音か聞きたいですか?

FFXIV ファンキット
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/special/fankit/desktop_wallpaper/4_0/

こちらのファンキットのスマートフォン用着信音にその効果音があります。(使用時は「ファイナルファンタジーXIV 著作物利用許諾条件」を確認してください)

FFXIV_Limit_Break_Chargedというタイトルのファイルがそれですね。

本来はリミットブレイク(パーティ全体で共有する必殺技のようなもの)がたまった時の効果音なんですけど、今ではコンテンツファインダーのマッチング音として定着してしまった感じです。

要するに、「シャキる」というのは「マッチングする」と同じ意味だというわけなんですね。

改めて用例を見直してみると、意味が通じると思います。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします