【DQ10とFF14との比較】 無料ログイン期間

今回は無料ログインできる期間について比べます。

この無料ログインというのは体験版の無料とは違って、製品版が無料でログインできる期間のことですね。

つまり、一度課金したけど休止した人に戻ってきてもらうキャンペーンのことです。

DQ10とFF14はそのやり方が違うのかを見てみます。

スポンサーリンク

無料ログイン期間 比較

まずはDQ10から。

DQ10はそもそも元から無料でログインできる時間帯があります。

10-1

一応子供向けのサービスではありますが、使用年齢は設けていないそうです。

この時間帯にログインできるのであれば、毎日無料ログイン期間があることになります。

一方のFF14ですが、この時間帯だけ無料というのはありません。

そもそも特定の時間だけ無料にするというのがFF14は無理なんです。

FF14は世界規模で展開しているタイトルなので、特定の時間を優遇することができません。

夕方にプレイするプレイヤーを無料にしようと考えても、ヨーロッパ辺りだと朝になりますし、北米辺りだと夜~深夜になります。

サーバーごとに管理するのもおそらく難しいでしょうし、日本から海外のサーバーへアクセスすることもできるので、あまり意味がない気がします。

そんなわけでFF14は無料でログインできる時間帯というのは今後も実装しなさそうです。

その代わり、無料ログイン期間キャンペーンは時々行われます。

最大120時間 無料ログインキャンペーン実施!

最大96時間 無料ログインキャンペーン実施!

最大96時間 無料ログインキャンペーン実施!

このキャンペーンのケースだと、課金していないプレイヤーであってもログインしてから数日無料でプレイできるわけですね。

ただ、課金者のログイン可能期間が伸びるわけではないのがちょっと不満ですが・・・まあ、復帰してくれるプレイヤーが増えるのはいいことなのでしょうがないです。

このキャンペーンは完全に不定期ですね。

さすがにいつ行われるかが分かるとそれを狙って課金をストップするプレイヤーがいるので、どのタイミングで行われるかはわかりません。

ところでこの無料ログイン期間、DQ10もやっています。

カムバックさん限定  96時間フリープレイキャンペーン!

これは「ドラゴンクエスト 誕生30周年」から行われたキャンペーンのようです。

これ以外に、いままでこういう無料ログインキャンペーンってやったことあったんだろうか?

ググってみたけど、他に該当するものが見当たりませんでした。

FF14よりは頻度が少ないのかなあと思います。

まとめ

DQ10はキッズタイムという無料の時間帯が毎日あるが、FF14にはない。

その代わり、FF14は無料ログインキャンペーンを時々行う。

DQ10もやったことはあるが、回数はFF14の方が多いみたい。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします