【DQ10ストーリー】 理解はできても納得はできない

あらすじ

バトルトリニティ楽しい。

バトルトリニティばっかりやっている。

バトルトリニティの攻略記事でも書こうかな。

スポンサーリンク

????

そして、バトルトリニティをプレイしているということはバージョン1をクリアしているのである。

しかしクリアまでもう少しだけストーリーがあるのでサクッとまとめていきます。

さて、過去に戻って原因を探っていかなければいけないということで、このまま列車に行けばいいらしいけど・・・。

!?

なんかナゾの駅名が増えてる!!

ここから過去に行けるわけか。

そして過去にたどり着いたはいいが、いきなり物々しい雰囲気。

なんか随分と追い詰められているみたい。

しかし城は現代でも残っているし、何らかの解決はあったんだろうけど。

なんですとー。

なんか破邪船の術が継承されなかった理由が何となく見えてきたような・・・。

あー、うん。

これは継承されないわ・・・。

エルジュの言うことも分からないのではないんだけどねえ。

実績がないので信頼されないし、仮に解決できた後を考えるとねえ。

そうしてなんだかんだあって(ほぼ主人公によるサポート)ここでの継承の儀は終了。

次はプクリポ族のところに行くみたいだけど。

!!

フォステイル!!

フォステイルじゃないか!!

そうか、元々この時代の人物なのか。

何者なんだろうねえ、本当に。

もし主人公がいなかったら最初の試練で既にストップしていただろうし、仮に向こうが根負けして儀式を行ったとしても次の試練をクリアする力もなかったということか。

そうして打ちひしがれたエルジュが考えを改め始める。

しかし残された時間は少ないことに気づく。

急いで次の試練へ向かうのでした。

今日はここまでです。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします