【DQ10】 攻略 バトルトリニティ 基本編

バトルトリニティの攻略記事が案外ないなということで、まずは基本的なことからまとめてみます。

参考記事

目覚めし冒険者の広場 5人パーティ三つ巴戦「バトルトリニティ」
https://hiroba.dqx.jp/sc/topics/detail/00a03ec6533ca7f5c644d198d815329c/

ドラクエ10極限攻略データベース バトルトリニティ
https://xn--10-yg4a1a3kyh.jp/dq10_trinity.html

スポンサーリンク

バトルトリニティ攻略 基本編

勝利条件とポイント

最終的に一番多くポイントを所持しているチームが勝利となります。

そのため、なるべく多くのポイントを稼ぐ必要があります。

・ジュエルを自分のチームのトライロックに納品する

・トライロックを自分のチームに塗り替える

・最終結果の時に自分のチームのトライロック数に応じてボーナスが入る

実はポイントを稼ぐ方法はこれだけしかありません。

つまり、この3つをこなすことはかなり重要だということですね。

ちなみにトライロックを失うとポイントが減りますが、再びトライロックを自分のチームに塗り替えるとまた増えるので、トライロックの所持分だけポイントが上乗せされていると考えればいいと思います。

職業による特徴

バトルトリニティでは4つの職業を選ぶことができますが、1つ1つの職業の特徴を語りだすと大変なので、それは後々の記事で書くとして、ここでは大きなポイントをまとめます。

・戦士

HPが高く防御に向いているだけでなく、自トライロック内では防御力が上がるという特徴があります。

そのため、自トライロックで防衛したり、敵を引き付けてそのスキに仲間に攻撃してもらうなどの立ち回りができます。

・武闘家

攻撃や回復などができ、ソロで色々と行動ができます。

攻撃スキルのリキャストタイムが早いので、次々に攻撃を繰り出すことができます。

また、敵トライロック内では攻撃力が上がるので、敵陣に攻め込むのも得意です。

・盗賊

すばやさが高いので、相手チームの近くにあるジュエルを集めるなどの邪魔を行うことができます。

姿を隠す特技を持っているので敵トライロックを狙ったり、安全に逃げたりできます。

また、魔法を1度無効にする特技を持っているので、対魔法使いという特性もあります。

・魔法使い

HPは低いですが、広範囲高威力の攻撃を放つことができます。

そのため、ラリホーマで複数の敵を眠らせて、マヒャドで一気に倒すという戦い方もできます。

また、唯一Lv4まで成長することができ、そこから放たれる攻撃で相手を一撃で沈めるこもできます。

職業の成長

バトルトリニティでは戦闘中に職業のレベルが上がり、HPや攻撃力、すばやさなどが強化されます。

最大でLv3(魔法使いはLv4)にまで成長するので、なるべく早くレベリングを目指した方がいいですね。

ちなみに後の記事でも書く予定ですが、負けているチームはだいたいこのレベリングも遅いです。

全員のレベルが高ければ逆転も充分あり得るので、ポイントを稼ぐだけでなくレベルを上げることも大事です。

ではレベルの上げ方ですが、経験値を稼ぐ方法がいくつかあります。

・トライロックを占領する

・ジュエルを取る

・ジュエルを自トライロックに納品する

基本はジュエル関連で経験値を稼ぐことになりますが、唯一トライロックだけは占拠すると味方全員に経験値が入るので、トライロックを占拠することで他のメンバーのレベリングをすることもできます。

トライロックの占拠

トライロックは自チーム・中立・敵チームの3つの状態があります。

敵チームのトライロック内に入れば徐々にゲージが減っていき、ゲージが0になると中立状態になります。

そのまま中立状態からトライロック内に居続けると自チームの占拠へと変えることができます。

ただし、自チームの減ったゲージはトライロック内に入っても回復することができません。

その代わり自トライロックにジュエルを収めるとトライロックがレベルアップし、レベルアップさせることでゲージを回復させることができます。

また、トライロック内に2チーム以上のプレイヤーが入っているとゲージは動きません。

相手を倒すか相手が逃げるかして1チームのメンバーしかいない状態になれば占拠が始まります。

ちなみにゲージの減るスピードはトライロック内にいる人数で変化しないので、複数人で敵トライロックに居座る利点はあまりないです。(自チームへの色の塗り替えに成功するとその時点でトライロック内にいたメンバー全員に経験値は入る)

戦闘

バトルトリニティはPvPなので、相手プレイヤーを倒すことができます。

倒したからといって経験値が増えるわけではありませんが、その代わり撃破玉をもらうことができます。

撃破玉を持っているとジュエルを納品した時にボーナスが付くので、ポイントを一気に稼ぐことが可能です。

そのため、たくさんジュエルを所持しているなら撃破玉を狙うのも1つの手ですが、逆に倒されてしまうとジュエルを全て失ってしまうので、ジュエルを持っている時はなるべく早く納品した方がいいですね。(しかも援護玉は奪われてしまう)

また、減ったHPは武闘家以外回復手段がほぼありません。

一応特殊なジュエルを拾えばHPが回復しますが、それ以外だと戦闘不能から復活することでしか回復しないので、HPが減った状態でのジュエルの納品は気を付けなければいけません。

援護玉

一定時間が経過すると各チームのスタート地点に援護玉が発生します。

援護玉はゴーレムとばくだん岩の2種類があります。

・ゴーレム

ゴーレムは自トライロック内に設置することができ、簡単に言うとガードマンです。

ゴーレム自ら攻撃することはありませんが、自トライロックにいる間は相手はこのトライロックを占拠できないので、しばらくの間は維持することが可能です。

相手のトライロックにいる場合は攻撃することでゴーレムを破壊することができ、一定時間経過でもゴーレムは自動的に破壊されます。

・ばくだん岩

ばくだん岩は敵トライロックに設置することができるアイテムです。

敵トライロックにばくだん岩を設置すると一定時間後に爆発し、そのトライロックを自チームの色に塗り替えることができます。

ただ、爆発する時にばくだん岩の近くにいると即死ダメージを食らうので、すぐに避難しないといけません。

たとえ自チームが置いたばくだん岩でもダメージは食らうので、注意が必要です。

このばくだん岩も爆発するまでであれば破壊することでき、爆発を未然に防ぐことができます。

宝石と報酬

バトルトリニテイは順位によって報酬の枠が決まっています。

1位 最大5個
2位 最大2個
3位 最大2個

1位以外は2個しかもらえないので、とにかく1位を目指す必要があります。

たまに3位が嫌だから2位を狙うみたいなケースがありますが、2位でも報酬は変わらないので、どんな時でも1位を狙った方がいいと思います。

また、枠が最大〇個というのが問題で、この報酬は戦闘中の金色の玉を拾った数で変化します。

そのため、1位であっても報酬が2枠しかなかったというケースもあるので、金色の玉はなるべく取った方がいいと思います。

納品時のポイントも一番高いので、敵に奪わさせないというのも大事ですね。

最終結果

制限時間が終了すると、最後のポイント集計になります。

元々持っていたポイントに所持していたトライロックの数だけポイントにボーナスが入ります。

だいたい1レベルにつき10ポイントという感じなので、Lv5のトライロックを3つ所持していれば150ポイント以上手に入るわけですね。

そのため、トライロックの数が1個違うだけで逆転するということはよくあります。

終盤はトライロックをどう占拠するか、どう維持するかもポイントになります。

そんなわけで立ち回りなどの実践編は次回へ。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします