【DQ10とFF14との比べネタ】 討伐クエスト

今回の比べネタは討伐クエストです。

FF14には該当するものがないので、モンスターを倒すデイリークエストとして考えてみます。

そう考えてもけっこう違っているのですが・・・。

ともかく比べスタート。

スポンサーリンク

討伐クエスト 比較

まずはDQ10から。

討伐クエストはデイリーで受けられるクエストですね。

地域の中から1つのモンスターの種類を選んで、それを特定の数だけ倒せばいいというやつです。

1日に1回しか受けられない分、経験値もゴールドも稼ぐことができます。

一方のFF14は討伐クエストではなくルーレットというものがあります。

このルーレットは毎日1回だけ受けることができて、経験値やトークン(今回は説明を略)を稼ぐことができます。

そもそもこのルーレットというのは何なのか?

これはコンテンツルーレットと呼ばれるもので、複数あるコンテンツのどこかにランダムで飛ばされるというものです。

もう少し詳しく言います。

まず、FF14はDQ10と違って、ソロでダンジョンに行くことができません。

ということはたくさんの人がダンジョンに参加しないと、なかなかパーティがマッチングしなくなるわけですね。

そこでコンテンツルーレットというものがあります。

コンテンツルーレットを使ってダンジョンに参加すれば通常より大きく経験値などを入手できます。

つまりプレイヤー側にとってはレベリングに役に立って、運営側にとってはコンテンツの参加者を増やすのに役立つというそういう仕組みになっています。

DQ10の場合はフィールドのモンスターを倒すだけなので、運営側にとってみればフィールドにいるプレイヤーを増やすことに役立つので、実はどちらのゲームも運営側の都合が隠されていたという話でした。

余談ですけど、コンテンツルーレットって1つじゃないんですよね。

コンテンツルーレット:エキスパート

コンテンツルーレット:レベル60ダンジョン

コンテンツルーレット:レベル50ダンジョン

コンテンツルーレット:レベリング

コンテンツルーレット:討伐・討滅戦

コンテンツルーレット:メインクエスト

コンテンツルーレット:ギルドオーダー

コンテンツルーレット:フロントライン

コンテンツルーレット:メンター

なんと9種類。

まあ、これ全てを毎日やるプレイヤーはまずいません。

でもこれだけコンテンツルーレットがあるおかげでかなりレベル上げはしやすいですね。

まとめ

どちらのゲームもデイリークエストでレベル上げができる

DQ10はフィールドにいるプレイヤーを、FF14はコンテンツに参加するプレイヤーを増やすことに役立っている

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします