【DQ10とFF14との比べネタ】 ルーラストーン

今回の比べネタはルーラストーンです。

要するにワープタイプの移動の仕方ですね。

FF14は該当するものにテレポとデジョンがあります。

まずはDQ10からスタート。

スポンサーリンク

ルーラストーン 比較

DQ10のルーラはMP消費ではなく、ルーラストーンというものを使うことで瞬間移動ができます。

特徴としてはこんな感じ。

・ゴールドやMPの消費はない

・ルーラストーンに記録した場所へ行ける(場所はストーン1個につき1つ)

・ルーラストーンの数だけ移動できる場所が増える

ゴールドなどがかからずタダで移動できるけど、ルーラストーンの数だけしか移動先に選べないという仕組みです。

一方のFF14はこんな感じ。

○テレポ

・町などにあるエーテリアルストーンに触れればその場所を移動先として覚える

・移動にギルがかかる

・一度覚えた移動先はずっと使用できる

・3か所までお気に入り登録ができ、登録した移動先はテレポ代が安くなる

・セキュリティトークンを登録すれば、さらに一か所を無料にできる

DQ10と違うのはギルがかかることと、一度覚えた移動先は全て選ぶことができることですね。

DQ10は新しいルーラストーンを入手しないと移動先が増えないので、FF14の方が有料とはいえ便利と言えば便利です。

それに無料で移動する手段もあります。

○デジョン

・移動先はテレポと共通だが、一か所しか登録できない

・移動は無料

・一度使用すると次に使うには地球時間で15分経過する必要がある

そのため、よく使う場所はデジョン、それ以外はテレポにするなど使い分けるようになります。

移動のしやすさはFF14の方がいいかもしれないですね。

ただ、DQ10もゲームを進めるとルーラストーンがどんどん手に入るので、最終的にはあまり変わらないかもしれません。

まとめ

DQ10のルーラストーンは無料だが、ストーンの数しか移動先を登録できない

FF14のテレポは有料だが、全ての移動先を選択できる

あと、FF14のテレポは天井に頭をぶつけない

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします