【DQ10とFF14の比較】 レシピの覚え方

今回の比べネタはレシピの覚え方です。

DQ10はレシピ本を使うことで覚えることができます。

FF14もそういう覚え方がありますが、それだけではありません。

ではDQ10から。

スポンサーリンク

比較 レシピの覚え方

DQ10のレシピの覚え方はレシピの本を使う、それだけですね。

ただ、レシピ本の入手方法がいくつかあります。

・店で買う

・本棚を調べる

・モンスターがドロップする

ちょっと調べたのですが、店売りだけでなく、本棚からのゲットやモンスターのドロップもけっこう多いんですね。

ここで一番驚いたのがモンスターからのドロップ。

FF14は戦闘に関するものは戦闘によって入手し、クラフターに関するものはクラフターによって入手する仕組みになってます(例外もあるけど)。

なので、FF14は戦闘したからといってクラフターの装備やレシピは一切入手できないんですよね。

DQ10は職人のために戦闘をしなきゃいけないというのは、FF14プレイヤーにとってみると、ちょっと違和感。

ただ、こういったレシピはバザーで買えるので、戦闘が好きなプレイヤーの金策という面もあるのかなあ。

ゴールドさえあればレシピを覚え放題なのがドラクエの仕様のようです。

ではFF14はどうなっているのか。

まず、レシピの覚え方はレシピ本を使うのではなく、基本はレベルアップで覚えます。

レベルが4になれば、レベル6~10のレシピを覚えるみたいな感じです。

ただ、特殊なレシピや高度なレシピは秘伝書というアイテムを使わないとレシピを覚えることができません。

各秘伝書の入手方法

特定のアイテムを用意して納品したり、蒐集品というアイテムを作って納品したり、どれもクラフターが作るアイテムを納品することでレシピを入手できます。

しかも作るアイテムは一定のクオリティを超えてないといけません。

いくら材料を買えるギルがあっても、クラフターそのものの実力がないと秘伝書が取れないようになっています。

ここがDQ10とFF14の大きな違いかなあと思います。

まとめ

DQ10は店売りやモンスタードロップでゲットできるレシピ本を使うことで覚える。

FF14はレベルアップや秘伝書を使うことで覚える。

ドラクエはゴールドでだいたい解決できるが、エフエフはクラフターの実力が必要。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします