【DQ10とFF14の比較】 木工職人

今回の比べネタは木工職人です。

FF14だと木工師という名前で存在しています。

木材を主に使用するのは同じですね。

それではDQ10から。

スポンサーリンク

比較 木工職人

DQ10の木工職人はスティック、両手杖、棍、扇、弓といった武器や釣りざおを作ることができます。

あとは木を使った家具などになります。

意外と防具を担当しないというのが不思議ですね。

ドラクエシリーズでよくあった「きのぼうし」などがDQ10には存在しないのもこれが理由みたいです。

FF14は防具も担当するので、このへんも違いの1つですね。

一方のFF14の木工師は弓・槍・釣り竿などがメインとなっています。

他にも白魔道士の武器や、足防具・彫金師の道具・剣・盾・アクセサリなども担当します。

つまり、DQ10のようにカテゴリーが分かれた感じではなく、木工製品であれば何でも担当します。

FF14のレシピはカテゴリーではなくレベルごとに分かれているので、木工であれば何でもありという感じですね。

それと、DQ10と大きく違うのが、自分で木材を作り出すこと。

DQ10の木材って全て現地調達ですよね。

FF14もメープル原木やウォルナット原木などを現地調達しますが、それをメープル材やウォルナット材に加工するのも木工師の役目です。

このメープル材などをクラフターの他のクラスに提供することもありますし、自分で使ったりもします。

あらゆる木に関することを担当するのがFF14の木工師になります。

もちろん木材を使った家具も木工師の担当です。

【DQ10とFF14との比較】 職人のアイテムの作り方
今回は職人のアイテムの作り方について比べます。 DQ10で言うと製作時に行うミニゲームのことですね。 DQ10とFF14ではやり...

あとは、↑で書いたように同じ木工でもDQ10とFF14では作り方が全然違うこと、FF14のメイン道具がのこぎりなことも違うところですね。

まとめ

DQ10の木工職人は主に武器や家具を担当する

FF14の木工師は武器だけに限らず、木工製品なら何でも担当する

あと、FF14の木工ギルドマスターは木工ジョークを飛ばす好人物です

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします