【DQ10とFF14の比較】 職人ギルド依頼

今回の比べネタは職人ギルド依頼です。

【DQ10とFF14との比べネタ】 討伐クエスト
今回の比べネタは討伐クエストです。 FF14には該当するものがないので、モンスターを倒すデイリークエストとして考えてみます。 そ...

以前紹介した日替わり討伐クエストの職人版ですね。

ギルドからの依頼をこなすことでいいレベリングになります。

FF14にも似たようなものがあるので、それで比べてみます。

スポンサーリンク

比較 職人ギルド依頼

DQ10の職人ギルド依頼は依頼されたアイテムを納品することでゴールドと経験値がもらえます。

たくさんの経験値がもらえるので、レベリングにぴったりです。

依頼内容の特徴は、

・自分で作ったものを納品する

・複数の依頼がある

・習得していないレシピの納品もある

といった感じです。

自分で作ったものを納品するって当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが・・・実はFF14の納品は自分が作ったものじゃなくてもいいのです!

まず、FF14は職人(クラフター)の納品はギルドからの依頼ではありません。

一応ギルドからアイテムを依頼されることはありますが、それはデイリーではなく一定レベルで発生するジョブクエストのようなものですね。

クラフター製アイテムの納品はギルドではなくグランドカンパニーへ行います。

グランドカンパニーというのはプレイヤーキャラが所属する組織のことですね。

黒渦団・双蛇党・不滅隊の3種類があり、そのどれかへ所属することになります。

ただ、それなりにストーリーを進めてとあるボスを倒さないと所属できないので、なにかクラフターを始めればすぐに納品できるようになるというわけではないですね。

ではグランドカンパニーの納品の特徴です。

・納品できるのは各クラスに1つずつ

・求められるアイテムはクラフターのレベルによって変化

・納品するアイテムは自分が作ったものでなくてもいい

こんな感じです。

FF14は8種類のクラフタークラス全てになることができるので、納品アイテムも全てのクラスが用意されています。

また、納品するアイテムもそのクラフターのレベルに合わせて難易度が変化するので、DQ10と違って簡単なアイテムが求められるということはありません。

そして、納品アイテムは自分が作ったものでなくてもいい、ということについてです。

FF14は作ったアイテムに銘(自分の名前をアイテムのステータス画面に残す)を入れられるのですが、それは一切関係なく、納品アイテムは他人が作ったアイテムでも大丈夫です。

そのため、マーケットから買うという手段もありなので、金策として納品用アイテムを出品するというやり方も存在しています。

FF14は8クラス分のレベルを上げなければいけない代わりに、こういった納品の面で楽できるといった感じです。

まとめ

DQ10の納品は自分で作ったものでないといけない

FF14は他人が作ったものでもいい

どちらもレベリングに非常に有効なのは同じです

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします