【DQ10とFF14の比較】 レベル上限解放クエスト

今回の比べネタはレベル上限解放クエストです。

特定のレベルになるとどんなに経験値を入手してもレベルが上がらなくなるので、レベル上限解放クエストをクリアして、レベルキャップを上げるわけですね。

レベルが上がらないと強くならないので、このクエストを受けれるようになったらすぐにでもクリアしたいところです。

では、DQ10から見ていきます。

スポンサーリンク

比較 レベル上限解放クエスト

DQ10は一定のレベルごとにレベル上限解放クエストを行う必要があります。

なんでわざわざこれを言うかというと、FF14にはレベル上限解放クエストがないからです。

その気になれば現在の最高レベルである60にも、ストーリー序盤でなることが可能です(実際やるとなると相当きびしい)。

詳しい内容は後述するとして、まずはDQ10から。

DQ10には複数のレベル上限解放クエストがあります。

Lv55・Lv60・Lv65・Lv70・Lv75・Lv80・Lv85・Lv90・Lv93・Lv96となっているので、けっこう多いですね。

クエストを受けること自体はいいのですが、気になるのがこれをバージョン1の状態から全て受けれるのかどうかということ。

もしできるなら序盤のストーリーでもレベル96にできるかもしれないのですが、どうなんでしょうか?

Lv80クエストはバージョン2から実装されたので、やっぱりバージョン2をインストールしていないと受けれないのかなあ。

個人的にはバージョン3にしてあるので問題はないのだけど、ソフトのバージョンでどこまでクエストを受けれるかというのは気になるところです。

ではもう一方のFF14ですが、先ほど説明した通りレベル上限解放クエストはありません。

戦闘職・ギャザクラ職のどちらもレベル60にするのに特別なクエストをクリアする必要はないのです。

ただ、1つポイントがあります。

FF14はレベル上限解放クエストがない代わりに、ソフトのバージョンでレベル上限が決まっています。

パッチ2.×時代である新生エオルゼアはレベル上限が50までなので、レベル60になるためには拡張版である蒼天のイシュガルドが必要です。

逆に言えば蒼天のイシュガルドさえインストールしていれば、新生エオルゼアのエリアであってもレベル60にできるわけですね。

また、次の拡張である紅蓮のリベレーターではレベル上限が70に解放される予定なので、このソフトをインストールすればそれだけでレベル70を目指せるようになると思います。

まとめ

DQ10はレベル上限解放クエストがある

FF14にはレベル上限解放クエストがない

FF14はソフトのバージョンがそのままレベル上限になる

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします