【DQ10とFF14の比較】 デスペナルティ

今回の比べネタはデスペナルティです。

簡単に言うと戦闘不能(全滅)になった時にどういったマイナス要素が働くかということですね。

昔のオンラインゲームは経験値が減ったり、レベルが下がったりなかなかデスペナルティは恐ろしいものが多かったですが、最近は随分と緩くなりました。

ではDQ10から始めます。

スポンサーリンク

比較 デスペナルティ

DQ10のデスペナルティはゴールドが減ることです。

これは今までのドラクエシリーズをそのまま踏襲した感じですね。

ただ、オフラインのドラクエはゴールドが半額になりますが、DQ10の仕様はちょっと違います。

・レベル9までは全滅してもお金は減らない

・レベル50まではレベル×1%の所持金が減る

・レベル50以降は全滅すると所持金が半額になる?(未確認)

レベルに応じてデスペナルティが変化する感じですね。

ただ、ゴールドが減るだけで経験値などは減りませんし、ゴールドも預けることができるので未然に損害を防ぐこともできます。

比較的緩めのデスペナルティだと思います。

では、FF14のデスペナルティは何なのかというと・・・ありません。

いや、正確にはちゃんとあるのですが、経験値が減ったり、ギルが減ったりするようなデスペナルティは一切ないということです。

FF14のデスペナルティは装備の耐久値が減ることですね。

【DQ10とFF14の比較】 装備品の耐久値
今回の比べネタは装備の耐久値です。 ・・・装備の耐久値? そうです、DQ10にはない要素ですね。 FF14は装備に耐久値が...

↑詳しくはこちらへ。

耐久値が0になると装備の能力が発揮できなくなるのですが、修理すれば直るので(修理は耐久値が0にならなくても可能)大した損害ではないんですよね。

ただ、修理にちょっとギルがかかるので、FF14のデスペナルティは結果的にはギルがちょっと減るといった感じになります。

DQ10以上にデスペナルティが緩いですが、ちゃんと理由があります。

FF14はギミックなどがあるので、全滅しては推理して敵の攻撃を覚えて対処していきます。

何度もチャレンジしてようやくボスを倒すような仕組みになっているので、その分、全滅によるマイナスを軽くしているのだと思います。

まとめ

DQ10はゴールドが一定量減る

FF14は装備品の耐久値がちょっと減る

昔のように全滅するとレベル上げがムダになるといったことがなくなったので、いい時代になったなあと思います

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします