ドルボード解放とDQ10の感想

あらすじ

討伐クエストの日々。

でもさすがに歩くのが面倒になってきた。

そんなわけでドルボードの解放である。

スポンサーリンク

岳都ガタラ~

ドルボードの材料が見つかったので、さっそく町へと戻る。

はいよ。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

これで移動がぐっと楽になるはず。

今まではストーリーの道中を高速移動したらちょっともったいないかなあとか思ってたけど、面倒くささの方が勝ってしまったから仕方がない。

ドルボードのカスタム?

何かスピードアップができるのかと思ったら、色のカスタマイズなのね。

FF14だとチョコボの色を変化させるみたいなところかな。

さて・・・。

快適ー!

ああ、もっと早く入手していれば良かったなあ。

ドルセリンが有料なことに躊躇していたけど、討伐クエストで毎日数千ゴールド稼げるし、そんなに気にしなくてもいいんだよなあ。

せっかくドルボードも手に入れたことなので!

ストーリーを進めに銀の丘へ行く。

銀の丘ってちょっと歩く必要があったから、放置してたのよね。

うむ。

・・・・・・。

(撮りためたスクショを見る)

前回の記事で切るとこ間違えたなあ。

これから長いストーリーが始まるから、この辺りで区切りたいぞ。

じゃあ、ちょっとここまでのDQ10の感想でも書こうかな。

とりあえず今のところフレ0人、チーム未所属で過ごしているけど、特に問題ないです。

やっぱりサポート仲間が非常に強力でソロでどこまでも進めるっていうのが大きいと思う。

FF14はほとんどコンテンツをパーティプレイでクリアしていく必要があるから、これは大きな違いだと思うな。

ただ、移動がやっぱりちょっと面倒ね。

ドルボードだけでなく、通常の歩行速度ももう少し早ければと思うし、ルーラストーンは有限だから、町への移動も苦労するし。

FF14が便利過ぎるっていうのもあるかもしれないなあ。

移動に苦労するというのはそれだけ冒険感が出るから良し悪しはあるけど。

FF14はその辺りはストーリーで工夫しているね。

主要NPCと一緒に行動しているストーリーにしているから、旅をしている感じが出ているし。

あと、DQ10はマーケットがすごい。

すごいっていうのは高いってこと。

FF14ってだいたいの装備や素材はだんだん値下がっていくのに、DQ10って逆に値上がりしていってない!?

実際アイテムを作るのが大変だから値上がるのは分かるんだけど、高いよなあ。

職人のレベル上げもけっこう大変だし、DQ10はアイテムの製作の敷居もなかなか高いと思います。

とりあえず今のところはこんな感想になるかな。

まだ高難易度コンテンツにも行っていないし、釣りもすごろくも魔法の迷宮も全然やってないし、もっとDQ10のことを知ればまた違う感想になるかもしれないです。

そんなわけで、今回はここまで。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします