団長の昔話と予知っ娘☆アルウェちゃん

あらすじ

ドルボードが快適。

町中で乗れたらなあ。

まあ、FF14もほとんど町では乗れないし、しょうがないか。

スポンサーリンク

ナブレット団長の昔話

前回の続きです。

ドルボード解放とDQ10の感想
あらすじ 討伐クエストの日々。 でもさすがに歩くのが面倒になってきた。 そんなわけでドルボードの解放である。 岳都ガタラ...

いよいよこの事件の真相が語られます。

予知っ娘☆アルウェちゃんの登場である。

自分の能力に従って、銀の丘へとやってきました。

つまり小さい頃からずっとこの能力があったわけなのね。

ほう、なんでも願いがかなうノートね。

・・・ん?

フォステイル?

フォステイルってこの像の人物じゃなかったっけ?

えー・・・どういうこと?

扉の中に閉じ込められていたんだろうか・・・。

(´・ω・`)・ω・`) キャー
/  つ⊂  \  コワーイ

破滅するってどういうこと!?

えー、フォステイル広場は聖なる場所で、フォステイルがこのなんでも願いがかなうノートをくれて、このノートに3つめの願いをかくと破滅する・・・。

フォステイルって何者!?

ストーリー進めれば分かるかなあ。

そしてさっそく使うアルウェ。

てか、このことがきっかけでお姫様になったのか。

いやうん、ナブレット団長と話す妹の恰好がやけに派手だなあとは思っていたんだ。

(´・ω・`)・ω・`) キャー
/  つ⊂  \  コワーイ

ちがいまぁーすっ。

・・・・・・。

これは汎用性のありそうなイイ画像を手に入れたな。

いずれに何かに使ってみよ。

ちゃんとお姫様としての仕事をこなしていたのか気になる。

キャーコワ(ry

なるほど、悪魔は子供というより救世主を始末したかったのか。

さあ、どうするのか!?

アルウェの機転で子供たちは助かっていたのね。

キ(ry

どうなんだろうね。

真相が全部分かるかと思ったけど、まだまだ分からないことも多いなあ。

特にフォステイルだ。

本当に何者なんだろう。

うむ。

さて、話も終わったので帰りましょうか。

・・・ん?

・・・何しにきたん、あなた・・・。

結局扉の中に閉じ込められたし。

ああ、でもこの扉は開くべき時が来たら開くんだったな。

というわけで、再登場ありそうです。

じゃあ、ほっといて帰ります。

今度こそキーエンブレムをもらえるでしょ。

今回はここまでです。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします