初めてのダンジョン

あらすじ

よろず屋はケチ

さあ、出発だ。

スポンサーリンク

初めてのダンジョンへ

今回は目的地へ向かうよー。

進んでいくと立て札を発見。

2016-11-7-1

あー、こういう閉鎖的な感じってドラクエしてるなーって気分になる。

この世界が動いていく感じがたまらないわー。

ん?

レベルが上がったら何か呪文を覚えた。

2016-11-7-2

ザ・・・オ・・・?

何か足りなくない?

ザオ、リクとかザオ、ラルとか。

今はこういう呪文もあるんだなー。

まあ、オンラインゲームは死にやすいし、仕方ないんだろうなあ。

ちなみにFF14は生き返らせる呪文はこんなに早く覚えないです。

一応レイズはレベル12で覚えるけど、「戦闘中は使えない」からなあ。(戦闘中に使えるようになるのはレベル28から)

もう1つリザレクというものがあってこれはレベル22で覚えて戦闘中も使える。(覚えるクラスが違うけど)

レベル22はダンジョンを3、4個クリアしたぐらいだから、最初のダンジョンでは戦闘中にパーティメンバーを生き返らせることはできません。(ちなみにレベルシンクがかかるからレベルが22になっていても使えません)

だからみんな、FF14で初ダンジョンへ行くときは死ぬんじゃないぞ。

まあ、FF14はメンバーにランダムに攻撃してくるゲームじゃないし、自分からヘイト取りに行かない限りは大丈夫なんだけど。

こういうところにもゲームデザインの違いが出てくるんだなー。

2016-11-7-3

そしてスライムナイト。

仲間にはならない。

ていうかこの待機モーションなんか好き。

レベルもさくさく上がるのでどんどん進んでいく。

2016-11-7-4

うぉっ、ゴーレム。

けっこう強い。

どうにか倒して次へ。

ようやくどうくつに着いた。

2016-11-7-5

DQ10の水の表現。

けっこうきれいです。

FF14の水の表現もきれいなので、一度見てみてほしいな。

2016-11-7-6

今回はシンイさんのどアップで終わります。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします