【DQ10とFF14の比較】 なかまをさがす

今回の比べネタはなかまをさがすです。

FF14にはパーティ募集という似た機能がありますね。

どちらも目的を決めて募集したりできます。

ではDQ10から始めます。

スポンサーリンク

比較 なかまをさがす

DQ10はなかまをさがすという項目でパーティメンバーを探せます。

職業・レベル・目的など細かく条件を決めて募集することができますね。

これを見ていていくつか気になったのですが・・・。

まず、レベル上げの募集が意外とあるなあということ。

FF14ではレベル上げの募集はほとんど見かけないですね。

いや、見かけるんですけど、それはだいたいレベルキャップ解放後くらいで普段はまず見かけないです。

いろいろ理由はあると思いますが、やっぱりFF14はレベルがカンストしてからのコンテンツが多いということが一番の理由だと思います。

前回のレベルキャップが一昨年の6月なので、もう1年半くらいずっとレベル60なんですよね。

いかにカンストしてからのコンテンツの方が多いかという話です。

あとはソロでもレベル上げをしやすいというのもありますね。

蛮族クエストやFATEはソロでもクリアできますし、ダンジョンでレベル上げする時はCF(コンテンツファインダー)で簡単に参加できますし。

レベル上げの募集がないのはこういった理由のためで、パーティを組んでレベル上げをするという機会が少なくなっているのだと思います。

もう1つなかまをさがすで気になったことは、DQ10は何か目的があってパーティメンバーを探す仕組みになっているなあということです。

目的を決めて項目を探すしくみになっているので、全募集を一気に見るという感じじゃないですね。

FF14はパーティ募集が一覧で出るので、何かおもしろそうな募集はないかなあと覗いて参加したりできます。

では、このタイミングでFF14のパーティ募集の詳しい解説をしてみます。

FF14にはパーティ募集という機能があります。

これはゲーム中にいつでもアクセスできる項目で、その名の通りパーティ募集をする時に使うシステムです。

パーティプレイを楽しもう

募集人数、募集ロール(タンクやヒーラーなど)、行くコンテンツ、募集内容などを細かく決めることができます。

例えばこんな感じですね(零式未経験なのでちょっとおかしいかも)。

緑青青緑赤赤赤赤(←これはロールの色分けです。青がタンク、緑がヒーラー、赤がDPS)
IL250~
アレキサンダー天動編零式1層
急募 クリアできるまで付き合ってください
1層~2層まで消化パーティです。1層ロットフリー、2層グリパ、待機LSあります。

ILというのは装備の平均的強さのことですね。

また、こういった高難易度コンテンツだけでなく、通常のダンジョンやモブハントなどにも使えますし、FCメンバー募集や雑談しましょうみたいな自由な目的に使うこともできます。

要は募集することなら何でも使える自由なシステムとなっています。

募集に参加したい人はその募集に参加するを選ぶだけで自動的にパーティが組まれるので、参加するのも楽ですね。

このシステムを使えるようになるには少しストーリーを進める必要がありますが、一度解放されれば誰でも自由に使うことができます。

ただ、DQ10はサーバーをこえて募集できますが、FF14は同じサーバー内でしか募集できないんですよね。

・・・というのが今までの話でしたが!

パッチ3.5(明後日)からサーバーをこえてパーティ募集ができるようになります。

パーティ募集機能の拡張について

さすがにDQ10のようにサーバーをこえてどんな場所でも一緒に遊べるというわけにはいきませんが、サーバーをこえてチャットをすることができますし、一緒にダンジョンなどのコンテンツに行くことができます。

この機能によってパーティ募集の数が何倍にも増えると思うので、FF14プレイヤーにとっては念願の機能がようやく追加されるといった感じですね。

まとめ

FF14にはパーティ募集機能がある

DQ10にはなかまをさがすという機能がある

FF14もいつかはサーバーをこえてフィールド上で遊べるようになるのかなあ。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします