【DQ10とFF14との比較】 月額プレイ料金

普段のプレイ日記とは別に、FF14との比較記事をいろいろ書いていきたいと思います。

今回はプレイ料金について。

オンラインゲームはサーバー代などのいろんなお金がかかるので、月額料金だったり、アイテム課金制だったり、何らかの料金がいります。

それでもやっぱり安いほうがいいよね?

というわけで、DQ10とFF14のプレイ料金を比べてみました。

スポンサーリンク

月額プレイ料金 比較

まずは愛するFF14から。

エントリー 30日 1,280(税込 1,382)
スタンダード 30日 1,480(税込 1,598)
スタンダード 90日 4,140(税込 4,471)

まずね・・・。

FF14って90日払いがあったの!?

てっきり30日払いしかできないと思ってた・・・。

それはともかく。

FF14はエントリーとスタンダードの2つのコースがあります。

これは1ワールドに作れるキャラ数の違いで、エントリーは1キャラだけ、スタンダードは8キャラまで作れるというもの。(総キャラはエントリーが8、スタンダードが40まで)

どっちのコースを選んでいるプレイヤーが多いかどうかは分からないけど、多分みんなスタンダードコースを選んでいるはず。

だからFF14は月に約1600円でプレイできると計算します。

次は最近楽しんでいるDQ10へ。

1-1

DQ10はどのコースのプレイヤーが一番多いんだろうなあ。

仮に5キャラにしても税込み1500円だからFF14より安いのか。

一応FF14は元々もう少し安かったんだけど、消費税に合わせて50円ほど高くなったんだよね。

それでもDQ10の方がほんの少し安いけれど。

比較の結果

DQ10の方がちょっと安い!

少なくとも「プレイ料金だけ」に限るとDQ10の方が安くなりました。

ただねえ・・・。

オンラインゲームってプレイ料金だけじゃ足らなかったりするんです。

倉庫代とかオプションアイテムとか。

そういうのを全部まとめるとどうなるのか。

これから1つ1つ比較していきます。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします