【DQ10とFF14の比較】 ドルボード

今回の比べネタはドルボードです。

ドルボードを入手したのでようやくこの記事を書ける・・・。

ちなみにFF14ではマウントという名前で同じような機能があります。

では、今回は両方を比較しながら進めてみます。

スポンサーリンク

比較 ドルボード

最近の記事はずっと記述形式でまとめていたのですが、今回は久しぶりに表にして比べてみます。

ドルボード マウント
メインの乗り物 ドルボード チョコボ
燃料 ドルセリン 不要
戦闘中の使用 不可 不可
色のカスタマイズ 可能 可能
町での使用 不可 一部可
複数メンバーで乗る 可能(2人、4人) 可能(2人)
姿の変更 可能 マウント自体を変更可能
曲の変更 可能 各マウントによって異なる
飛行 不可 一部エリアで可能
有料アイテム あり あり

こんな感じですね。

では具体的に解説していきます。

まず、メインの乗り物はそれぞれドルボードとチョコボになります。

チョコボなので乗る時にエサが必要な気がしますが、マウントとして使うときは必要ありません。

その代わり、バディとして一緒に戦う時はギサールの野菜が必要になっています。

それから一番のポイントは姿の変更ですね。

ドルボードはプリズムを使うことで見た目を変えるという仕組みですが、マウントの場合はそもそも乗るものが変化します。

要するに、新しいマウントを取得するアイテムを使うことでそのマウントを使えるようになるといった感じです。

チョコボ以外にグリフィンやでぶチョコボ、アーリマンなどに乗ることができ、マウント自体もコレクション要素の1つとなっています。

【FF14】最新版 全マウントの取得方法一覧!【パッチ3.35対応】

また、マウントごとに曲が決まっているというのもFF14の特徴だと思います。

例えばタイタン戦でドロップするマウントがあるのですが、そのマウントに乗っている間はタイタン戦の曲が流れるといった感じですね。

比較してみるとFF14の方が使いやすいかなとは思いますが、乗れる人数はDQ10の方が多いです。

FF14は2人乗りのマウントまでなので、DQ10のように4人乗りはないですね。

いずれは追加されるかもしれませんが。

全体的に見ると、やはりオンラインゲームは移動がけっこう大事なので、どちらのゲームも力を入れている印象があります。

まとめ

DQ10はドルボードという乗り物がある

FF14はチョコボなどのマウントがある

そして鳥集めに奔走するFF14プレイヤーがいる

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします