メギストリスに初到着

あらすじ

方向音痴あるある

あっちの方角に行きたいと思って道を曲がり続けるとだんだん方向がずれてくる。

道に迷ったときはいったん入り口に戻るのがいいです。

スポンサーリンク

もう一度プクランド大陸

前回はなぜか最初の村の方へ行ってしまったので、やり直し。

もう一度オルフェアの町からスタート。

今度は別のルートを進みます。

おっ、敵が強くなってきた。

これは正解ルートでは?

そうこうしているうちに何か大きな建物・・・あれ、花!?

ここじゃない? 武闘家クエストの場所って。

アイテム欄を開くと本が光っている!

やっぱり正解・・・続きがあるのね。

まあ、これくらいなら問題ないっす。

とはいえ、意外と難しい。

サポート仲間がトドメをさしちゃうんだよね。

うまく作戦を切り替えながら戦う。

よし、終了。

あとで報告しにいこっと。

さて、では周りの探検である。

なんだろうなあ、これ。

うーん、この風車塔登るのちょっと面倒だな。

近くにメギストリスがあるの分かってるし、先にそっちへ行こう。

そしてやってきましたメギストリス。

広い!!

そしてプレイヤーが多い!!

やっぱりサービス開始してからけっこう経過しているゲームだから、プレイヤーも序盤で行ける町じゃなくてこういうところにいるんだよね。

FF14もウルダハよりイディルシャイアの方が遥かに人口が多いしなあ。

こういうのって難しいよね。

ビギナーにはたくさんのプレイヤーが歩いているところを見せたいけど、長くプレイしているプレイヤーはもっと新しい街にいたいだろうし。

新規のプレイヤーがオンラインゲームをプレイしているっていう実感を作るデザインって何がベストなんだろうねえ。

さてさてちょっとだけオンラインゲームのデザインについて考えたところで、さっそく探検に出かけます。

しかし広いなあ。

簡易移動ができるのはいいよね。

あっ、レシピ売ってる。

高っ!!

職人になってゴールドを稼げということか・・・。

また来るからな!

おお、スーパースターの解放クエストか!!

は?

ためるとかのスキルを使わずにスーパーハイテンションになって倒せ?

えー・・・。

そんなん、フレンドとかチームとかじゃないと無理じゃない?

ぼっちプレイヤーにはきびしいなあ。

とりあえず保留で。

あ、これ、自分の家に設置できるミラプリ(マイコーデ)じゃない?

まだハウジングには興味がないからなあ。

とりあえずこれも保留で。

しかし・・・まだまだこの町を冒険し切れてないぞ。

さっきの武闘家クエストでちょっと疲れたし、また次回にしようかな。

ルーラストーンに記憶しとこ。

スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローをお願いします